2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 曙VS武蔵 | トップページ | 押井ワールド全開 »

2004/03/29

「裏」アカデミー賞

 さて、久々に映画関係の話でも。

 渡辺謙のこともあって、巷がアカデミー賞で盛り上がってた時期、私の興味は「裏」アカデミーといわれるゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)のほうにあった。
 このラジー賞、知ってる人は知ってるけどアカデミー賞の前日に開催される、ぶっちゃけて言うと最低映画NO1を表彰するってぇ今回で24回目の、由緒正しいが栄誉ゼロのすんばらしい賞なのだ。

 ここの「常連」はシルベスター・スタローン。このお方は「20世紀最低男優賞」の栄冠に輝くラジー界の「スター」。なんでこんなに嫌わ・・・いや、好かれているのかは選考委員に聞いてみないとなんともいえないけど、もしや「(ラジーを)狙ってる?」的な作品も多々あったりするので、最多受賞10回というのもうなづける。
 で、今回のラジー賞の最低主演男優賞に輝いたのが、ベン・アフレック。婚約後破局したジェニファー・ロペスも仲良く受賞。
 B・アフレックといえば、「デア・デビル」での赤い全身タイツ(ホントは違うけど)姿に、映画館で固まっちゃったことが記憶に新しい。最新公開作は「ペイ・チェック」(ラジー賞受賞作「ジッリ」は日本ではまだ未公開なので)。
 二枚目なんだけど、あのお尻あごがどうも気になって、私の中のハンサムのカテゴリーからは外れてしまう。今回の「ペイ・チェック」もクリエーターな役どころのはずなのに、なぜか頭悪そーに見えてしまう。かといってアクションもさほどではないし。
 なぁんだ、やっぱラジー賞で納得。
 
 当然と言えば当然だけど、受け取りに来る人がいないというラジー賞の黄金のトロフィー(写真を見たがすんごくチープ)。オスカー像もいいけど、こっちも充分映画ファンの愛情がこもってると思うぞ。
 かなり毒はキツいけど。
razzi.jpg

 

« 曙VS武蔵 | トップページ | 押井ワールド全開 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/365951

この記事へのトラックバック一覧です: 「裏」アカデミー賞:

« 曙VS武蔵 | トップページ | 押井ワールド全開 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ