2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« スポーツ中継よりもおもろいもの | トップページ | 「LOVERS」で「HERO」の敵をとったチャン・ツィイー »

2004/08/24

「ゼブラーマン」「オーシャン・オブ・ファイヤー」「ドラムライン」休日で、DVD3本立て

 流石にぶっ続けで3本疲れました(笑)。

 まずは哀川翔100作目の「ゼブラーマン」
 最初、コレを映画紹介で観たときは主演の哀川翔の正気を疑いました、マジで。
 イカツイ強面の哀川アニキしか知らなかったんだけど、このいかにも頼りなさそ~なキャラがしっくりしてるんだよね~。特撮観ながらコスチュームを縫ってるあたりなんか、ほんとにこういう先生がいたらちょっとヤバいけど、アニキが演じるとそんなにキモくない(笑)。
 いつもヤル気なさそ~で、ちょっとアブない役が多い渡部篤郎がやっぱりそういう役で出てました。
 「これって映画のどのカテゴリーに入るんだろ~ね?」と言いつつ、夏休み中で家に居た長男と一緒に鑑賞。邦画のわりに面白かったんだけど、こういう路線しか活路を見出せないようじゃぁイカンのだが。
 ストーリーは、いわゆるライダーものに宮藤官九郎テイストが加わって、「おいおい」と苦笑するものになってます。
 強く思えばほんとに変身しちゃたり空を飛んじゃったり。そういえば昔、仮面ライダーに憧れた(真似した)子供が屋上からダイブして社会問題になりましたが、流石に現代っ子でそこまで純粋な子供はもう絶滅してるだろうなぁ。
 でも、くれぐれも真似をしないように(笑)。

 そんでがらっと変わって「オーシャン・オブ・ファイヤー」
 19世紀に行われていた馬によるクロスカントリーレース。これ“実話”とは知りませんでした、勉強不足。まぁ、アチラさんが作ったんだから多分にオーバーにはなってるようだけど。
 大抵この手のヒーローはあっちこっちで“つまみ食い”をするもんなんだが、流石に実在の人物がいるんじゃあ、矢鱈めったらサセられないか。
 ビゴ・モーテンセンよりも相棒のヒダルゴ(馬)にラブ。動物と子供を出すと役者を喰っちゃいますよね、ほんと。
 私ゃ虫は苦手なので、腹が減ってもきっとイナゴは食えません。

 で、またまた毛色の違う「ドラムライン」。本日の本命でござる。
 中高とブラスバンド部に所属していたせいもあって、結構感情移入しやすいジャンルかも。ユアン・マクレガー主演の「ブラス!」とかね。
 天才的な腕を持つが自信家で自己中な問題児が、メンバーや監督との軋轢を乗り越えて成長していく青春ドラマ。よくあるパターンではあるが、若いってそれだけで財産なんだねと妙に感慨深かったです。
 マーチング対決にドラム対決。前回のブログでさんざダンナを笑っといてナンだけど、気がつくとリズムを刻んでる自分がいたり(笑)。
 「ドラムが刻むのは鼓動。音楽を生かすのも殺すのもドラムラインにかかってる」
 これ、経験上から言っても正しい発言だと思う。(私はパーカッションじゃなかったけど)
 アクション映画程の派手さはないけど、マーチングバンドの競演はなかなか圧巻です。

 

« スポーツ中継よりもおもろいもの | トップページ | 「LOVERS」で「HERO」の敵をとったチャン・ツィイー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1269143

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼブラーマン」「オーシャン・オブ・ファイヤー」「ドラムライン」休日で、DVD3本立て:

» ドラムライン、やっと借りました。 [今日は日記になってしまってる]
借りました。もう出てるんですね~、なんだか少し前に映画館でやってたんだとおもった [続きを読む]

« スポーツ中継よりもおもろいもの | トップページ | 「LOVERS」で「HERO」の敵をとったチャン・ツィイー »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ