2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« お待ちかね「キングダム・ホスピタル」 | トップページ | 手の込み具合に“脱帽” »

2004/08/08

「キャリー2002」 & 改訂版「キングダム・ホスピタル」

 頭から血を浴びるシーンが印象に残る「キャリー」。コレはその焼き直しといったところか。
 リメイク版ってのは大概期待を裏切らずヘタレ作品が多いんだけど、こいつぁびっくり。キャリーのキモさが原作本とそっくり!!ストーリーが生存者たちの証言をはさみつつ進行するところも小説と同じ。

 1976年、デ・パルマ監督のオリジナルでは描ききれなかった、この長い“尺”を可能にしたのはどうやらこの作品の出自がアメリカTV映画のようだから。(98分→133分)
 デ・パルマ版の「キャリー」は、主人公のキャリーよりもその母親の方がず~~とおっかなかった(気味悪かった)が、「~2002」のほうは主演のアンジェラ・ベティスの“いかにも”なイジメられっこキャリーが秀逸!

 ・・・言っちゃあなんだが、これじゃあイジメられるって・・・。

 「~2002」の母親は狂信的だけど狂ってるって感じはなくちと残念。
 しかも、あのラスト・・・。続編でも作るんだろか?
 母親から独立したく思っていても結局母親から離れられない娘と、最後まで娘のことを“見ようと”しなかった母親。
 キャリーとあの母親の対決シーンこそ、このハナシの重要ポイントだと思うのだが。

 何年ぶりかに原作本を引っ張り出して読んだ。救いのなさに気が滅入る。


 オリジナルには出てこなかったアリクイ(この場合は夢を喰うあの“獏”なのかな?)がキーパーソンなのかな?人じゃないけどネ。
 ワケわかんなさが薄れてしまった感のある、キング版「キングダム・ホスピタル」。カルトというよりは単純にホラーになってる様子。「ER」みたく病院スタッフが比較的まともなのに安心しつつも、「こんなのきんぐだむじゃない~~!」と心の片隅で叫んでみたり(笑)。

 受ける印象は「ローズレッド」の病院版といったところか。これからどんどん幽霊屋敷化していくんだろうなぁ。
 これはこれ、それはそれということで「別物」と考えて堪能します、はい。

 

« お待ちかね「キングダム・ホスピタル」 | トップページ | 手の込み具合に“脱帽” »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1147793

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャリー2002」 & 改訂版「キングダム・ホスピタル」:

» キングダムホスピタル [世界の終わりか、ハードボイルドワンダーランド]
レンタルDVDでキングダムホスピタルを観ました。 別のビデオの予告で、とてもいい音楽で映像も綺麗で、ストーリーはなんか不思議なことが起こる病院という感じ。... [続きを読む]

« お待ちかね「キングダム・ホスピタル」 | トップページ | 手の込み具合に“脱帽” »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ