2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 手の込み具合に“脱帽” | トップページ | 「ガンツ」 »

2004/08/11

直訳すると、「リディック年代記」・・・うむ。

 昔懐かしい“スペースオペラ”の香りがする。話に似たところはひとつもないけど、「デューン・砂の惑星」のような雰囲気を感じたのだけれども・・・。

 ヴィン・ディーゼルをまったく知らないときに観た前作(?)「ピッチブラック」で、わるものな彼にぞっこん参ってしまったわけだがその後の「ワイルドスピード」、「トリプルX」での、“悪ぶってるけど結構いいやつじゃん”なありきたりの役どころに無言になってしまっていたのであります。

 まぁ、今回のもぶっちゃけそうなんだけど・・・。

 昼は700度、夜はマイナス300度の惑星から脱出しようと奔走すのだが、そんな惑星を明け方とはいえタンクトップでうろついたり、人を吹っ飛ばす熱波を岩陰で避けたりと 「おいおい・・・(汗)」なシーンも満載なんだけど、地球人じゃないから体感温度が違うんだろ、などと無理やり自分を納得させてみたり(笑)。
 ツッコミどころは各所にあるが、まあ“3部作”の第1作目ということらしいし大目に見るか。

 アンダー・ヴァースなる新世界を目指してあらゆる生命体を“浄化”していくネクロモンガーは、どこかアブナイ新興宗教や独裁国家の匂いがする。新しいネクロモンガーは洗脳によって生み出されるわけだし。
 で、その新興宗教(笑)の首領であるロード・マーシャルが首領になる前に、フューリア人に倒されるという予言を得ていてその生き残りがリディック(!)というありがちなお話で、彼を執拗に付け狙うわけですな。ほっときゃいいのにヘンにちょっかい出してヤブヘビになるあたり、もうパターンです。

 ネタバレだが、ラストでネクロモンガーの首領を倒した後どうやら後釜に座ったらしい(エンドロールで玉座に座るリディックの像が映される)が果たしてどうなんだろ~、といかにも「続編に続く」な感じがいいような悪いような。
 

 ネタバレついでだが、ジャック=キーラを殺さんでもよかったのになぁ、とそれが残念。
 「ピッチ・ブラック」の生き残りは結局いなくなっちゃったのね。

« 手の込み具合に“脱帽” | トップページ | 「ガンツ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヴィン・ディーゼルは、なんてったって亜米利加版鉄人(…じゃないか)アイアン・ジャイアントな人でもありますので(笑)。

画的には、囚人星での朝焼けとの鬼ごっこはマジで燃えました。でも一生懸命、マイナス300度を聞かなかったことにしてたのは僕も同じ(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1174126

この記事へのトラックバック一覧です: 直訳すると、「リディック年代記」・・・うむ。:

« 手の込み具合に“脱帽” | トップページ | 「ガンツ」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ