2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ビデオテープはどれっ?? | トップページ | ジャック・ブラックはなんであんなにキモいのだ!? »

2004/09/25

ウワサの「ジーリ」に「ぼくは怖くない」

 知ってる人は知っている「ゴールデン・ラズベリー賞」 (通称ラジー賞)で堂々6部門制覇した日本未公開作品、「ジーリ」。

 ラジー賞がどんな賞かは割愛するけど、それに値する見事な駄作でございました。
 当時、“リアルカップル”だったベンアフとジェニロペ(フルネーム書くのもヤ!)が共演してます。リアルカップルのリアルなからみに砂を吐きつつ早送り再生(笑)。こういう結果が解っていたにも関わらず、何故にレンタルしたのかと思うでしょうが、怖いもの観たさと言いましょうか、批判するにも「現物」を知らないことにはお話になりません。
 と、いうわけで眉間にしわを寄せつつの鑑賞になった次第です。

 ベンアフもしくはジェニロペのファン以外の方にはまったくオススメできません。

 大好きな配給会社(爆)アルバトロスから、「ぼくは怖くない」。
 南伊の小さな村で暮らす少年(ミケーレ)が、ある日廃屋の裏に掘られた穴に鎖で繋がれた少年を発見する。ミケーレと少年は対峙するうちに次第に心を通わせていくが、少年はミケーレの両親や友人たちに誘拐監禁されていたのだった。

 ・・・って、最初っからどう見たって“異常な”状態にある少年を助け出そうと思わず、友情を育んでいくあたり理解不能。食べ物を差し入れるのはいいけど「飼ってる」感じが否めない。最後の最後で、大人たちが誘拐した少年を殺してしまおう、と話し合ってるのを聞いた時点でやっとこ助け出すのはいいけど、おせ~んだよ!!
 穴に閉じ込められている少年のことを親や大人に話せない子供、大人も自分の子と同じくらいの子供を誘拐してなおかつ殺そうとする。
 どっちもなんだか正常でない気がするんだが・・・。

 ま、「ジーリ」よかなんぼかマシだったけど。

 

« ビデオテープはどれっ?? | トップページ | ジャック・ブラックはなんであんなにキモいのだ!? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1518379

この記事へのトラックバック一覧です: ウワサの「ジーリ」に「ぼくは怖くない」:

« ビデオテープはどれっ?? | トップページ | ジャック・ブラックはなんであんなにキモいのだ!? »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ