« ウワサの「ジーリ」に「ぼくは怖くない」 | トップページ | 腰痛が痛いんです »

2004/09/26

ジャック・ブラックはなんであんなにキモいのだ!?

 チビ・デブ・ハゲ(かけ)の三重苦の熱い(暑苦しい)男、ジャック・ブラック。彼のロック魂全開の「スクール・オブ・ロック」。
 ロックにさほど傾倒してなくても、聞いたことのある曲が結構あることに驚き。こう見ると結構市民権を得たジャンルなのね。これでもまだロックは不良の音楽だという人が存在するのは面白い。
 ジャック本人も「子供や動物と共演すると食われてしまう」とおっしゃってますが、いえいえ全然食われてません(笑)。これでもか、と言うほどのノリノリ演技(というか本気モード)の演奏は、見てるほうがひじょ~~に恥ずかしいほどのすんばらしい出来栄え。

 ストーリーは結構ありきたりなので、深く考えずにジャックの暑苦しいロッカーぶりを楽しみましょう。

« ウワサの「ジーリ」に「ぼくは怖くない」 | トップページ | 腰痛が痛いんです »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1518729

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ブラックはなんであんなにキモいのだ!?:

« ウワサの「ジーリ」に「ぼくは怖くない」 | トップページ | 腰痛が痛いんです »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ