« 腰痛が痛いんです | トップページ | 短編怪奇小説の味わい「オモヒノタマ」 »

2004/09/30

ネタの提供、ありがとう。

 店に商品を卸しにきた業者の若者が、帰り際「うっ!」と一声上げてその場にしゃがみこんだ。
 
 ・・・股間を強打したのだ。

 その現場を目撃したワタクシ、知らんぷりも出来ずしらじらしくも「大丈夫ですか?」と声をかけた。どう見ても大丈夫じゃないんだが、業者は「いや、大丈夫です。」と言いつつ顔を強張らせ、伝票を置いて店からそそくさと去っていった。
 その後姿は、痛々しくも心持ち前傾姿勢。

 彼(業者)はどう見ても20代。痛みもだが、さぞ恥ずかしかったことであろう。

 いやぁ、一服の清涼剤(お笑い)をありがとう。
 お・だ・い・じ・に。


« 腰痛が痛いんです | トップページ | 短編怪奇小説の味わい「オモヒノタマ」 »

「お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1559882

この記事へのトラックバック一覧です: ネタの提供、ありがとう。:

« 腰痛が痛いんです | トップページ | 短編怪奇小説の味わい「オモヒノタマ」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ