2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ヒトが先にヤられそうです | トップページ | オンナ心と秋の空 »

2004/09/14

「ギャザリング」「リディック・アニメーテッド」

 その前に息子よ、着うたの「マツケンサンバ」をど~にかしろ。あのフレーズが頭から離れんのだ。

 ♪オ~レ~オ~レ~♪に悩まされながら、「ギャザリング」。
 クリスティーナ・リッチ主演のホラー(なんだろうなやっぱ)。
 ある事故をきっかけに土中に埋められていた古い教会が発見される。そこには“背を向けたキリスト”と多くの人間が彫られた壁画があった。その調査を担当することになった美術研究家のところに、事故で記憶を失ったキャシー(C・リッチ)が滞在することになった。キャシーは、彼女を追うように現れる不気味な集団と、不気味な幻覚に悩まされていた。
 
 教会の壁に彫られていた集団=ギャザリング。「集うもの」とか言われているらしいが、要するに「野次馬」。
 キリストの磔刑を物見遊山で見物に来て呪いを受けた人々のこと。彼らは老いることも死ぬことも無く、永遠に人の死を見続けるという「罰」を与えられている。なので、ここぞという大惨事が起きる時には、光に集まる虫のようにいずこからとも無く集まってくるらしい。
 好奇心に負けて見物したからって呪うってのはちょいと了見が狭いぞカミサマ。右の頬をぶたれたら左も差し出せと言ってたお方のやることとは思えん。(すっごいバチあたり発言)
 ギャザリングの面々も、今までは結構な大事件に顔を出してたようなのに、なぜ今回はこんな“私怨”な事件に??彫られた教会があったから?
 オチに行く前にオチが判っちゃって、ちょいと興ざめしたんだけどそれはまあ置いといて、何に驚いたってクリスティーナ・リッチの思いのほかでっかいオッパイ。私の中では未だに「アダムスファミリー」のイメージが強いからなのね(笑)。

 クリエイターの質が違うとこうも差がはっきり出るものなのかと痛感「リディック・アニメーテッド」。
 前回「ヴァン・ヘルシング」で(うちにちゃぶ台はないが)“一徹返し”をしそうになるほどだったのに、ちょいとクセのある絵柄ではあるものの、日本のアニメに慣れ親しんでる者の視聴にも充分堪えられる作品でした。
 ストーリーは「ピッチブラック」と「リディック」の中間の話で、「マトリックス」でいうところの「アニマトリックス」のような位置づけ。
 怒り心頭だった「ヴァンヘルシング・~」もそうだけど、映画で描ききれないサイドストーリーをこんな風に造ってしまうのが今後はいろんなところで増えてきそう。

 で、また背後から「マツケンサンバ」が・・・。
 映画の余韻に浸るまもなく、頭の中で曲がぐるぐる。

 仕事中に口ずさみそうでコワイ。


« ヒトが先にヤられそうです | トップページ | オンナ心と秋の空 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そうなのですよね。歴史的大惨事と今回の繋がりがいまひとつ・・・。リンチやケネディ暗殺と原爆投下を一緒にするな~!とも思いましたし('∀`;)
でも、傍観を咎めるというテーマ性はよかったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1438644

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギャザリング」「リディック・アニメーテッド」:

» リディック 通常版 [AML Amazon Link]
リディック 通常版 AML Amazon Link ( http://jjjjjj.ddo.jp/app/S/aml_Index.html ) [続きを読む]

« ヒトが先にヤられそうです | トップページ | オンナ心と秋の空 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ