2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 穴だらけの窓 | トップページ | 「ロスト・メモリーズ」 »

2004/10/09

俳優≠声優

 食いしん坊ばんざぁい!!・・・な地上波「ダイハード3」。
 目頭が熱くなる思いで視聴いたしました。もうね、素人の台本棒読みのような台詞回しにワタクシは溢れるにゃみだ(涙)を禁じえませんでしたぜ。
 目を閉じると“あの顔”が脳裏に浮かんで、とても映画を楽しめる雰囲気ではありませんでした。もっとも、「3」は駄作ですが。

 話題作というか最近の吹き替えは声優ではなく俳優を起用することが多くなってるけど(こないだの「タイタニック」の有様にも滂沱いたしました)俳優と声優はまったく別物だと常々思っているのですが、スポンサー(あるいはプロデュサーあたりか?)は何故理解しないのでしょう。
 もともと俳優としても大根だからかどうかは知らないけど、そのあまりの酷さにチャンネル変えることもしばしば。最近では地上波の映画はほとんど観なくなった。
 で、今回のようにたまたま観ることになってあまりの酷さに、いっそのこと字幕で放映しろよ!!と思う次第です。あんなド下手の吹き替えで映画を台無しにして(しかもCMのためカットあり)放送することにどんだけメリットがあるんだろう?BSやらCSやらレンタルビデオ(DVD)やら、自宅で映画を観る環境は昔とは比べ物にならないくらい良くなっているのに・・・。
 
 これが洋画ならまだいいのよ、吹き替えを選択しなければ。しかし、これがアニメになると・・・。

 あちこちで悪い噂が立っている「ハウルの動く城」。
 いえ作品にではなく、声優に。ぶっちゃけキムタクに。
 私もハウルの声をキムタクがあてるということを知ったとき、「なんてぇ選択。イメージ全然違うし。台無し。話題作りかよ。」と散々(笑)だったわけですが、あながち的外れと言うわけではなかったらしい。
 もともと宮崎駿監督が声優嫌いらしいということは漏れ聞いていたけど、それにしてもこのキャスティングは・・・。アニメファンをなめとんのか?

 ・・・いいけど、どうせ映画館には行かないだろうから。


 

« 穴だらけの窓 | トップページ | 「ロスト・メモリーズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いらっしゃいませ~。今後ともよろしく。

声優は好みはあるものの、俳優起用に関してはその俳優の力量がわかると言うかなんというか・・・(笑)


こんにちは。トラバありがとうございました。
そうですよねえ、やはり顔を知られすぎているタレントさんを
起用するというのは宣伝目的以外のメリットって考えにくいですよね。
キムタクの話し方って聞き取りにくいし、どうしてまた…。

あ、でも「となりのトトロ」のお父さん役の糸井重里氏は
結構気に入ってるんですよ。


ところで、ほくとさん、どうやら私と同い年のようです。
またお邪魔させていただきますねー!

そうなんですよ。なまじ売れてる俳優さんを使っちゃうから困るんですよね~。
俳優で吹き替えも上手い人はいるにはいるんだけど希少。下手なのは経験不足としてもいいけど、発声がなってないのか滑舌が悪いのかセリフが聞き取りにくいのが困りものです。

下手な人でも、その顔がこちらに浮かばん声優さんとか新人さんdと、まぁなんとかなっちゃうこともあるですがね。

そう言えば、テレビ放映版『エレファント・マン』のメリックの声って、とみーとまつのとみーでしたね。リバイバル用試写で見直すまで、いい印象がなかったのも当然か。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1641963

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優≠声優:

« 穴だらけの窓 | トップページ | 「ロスト・メモリーズ」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ