2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« カテゴリーを細分化してみますた | トップページ | 「テキサス・チェンソー」 »

2004/10/13

想像以上だった「デビルマン」

 いい意味でこのコメントが言えればどんだけ良かったことか。B級のカテゴリーに入れるのも腹立たしい。

 つまり想像していた以上にヒドいへっぽこ作品だったのです。例を挙げればキリがないほど。そのあまりにもあんまりな出来に、怒りを通り越して泣きそうです。
 ほとんど意味のないカメオ出演の数々。冨永愛の中途半端なシレーヌはあのコスチュームをさせたいが為の起用としか思えんし、それより何より主演の伊崎兄弟の演技が小学生以下。(FLAMEのファンの動員を狙ったのか?)。“善と悪”の戦い(対比)を狙ったものかどうかは判らないが、不動明と飛鳥了が“同じ顔”という設定も無理がある。キャスティングは誰が担当したのか知らないけど、マンガ原作ものをなめてるとしか思えん。

 言いたいことは山ほどあるが、渋谷飛鳥がかわいかったのでこのへんにしといてやるっ!!(笑)
 日曜朝にTV放映されてる戦隊ものやライダーシリーズのがなんぼかまし。

 口直しにこれから「テキサス・チェンソー」を観るだす。


« カテゴリーを細分化してみますた | トップページ | 「テキサス・チェンソー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いらっしゃいませ。今後ともよろしく。

ダメ映画のクセにやたら上映時間だけ長い、という「視聴者殺し」の作品でした。
こんな有様じゃあ、ますます邦画を警戒してしまいますよ(泣)

ボブ・サップは演技はともかく存在感は抜群。この間観た「IZO 以蔵」でも妙に印象に残ってます。

初めまして。
コメント&トラックバックありがとうござしました。

劇場で「帰りたい…」と切に願った映画はこれが初めてです。
ある意味このダメッぷりを見れたと言う点においては、劇場まで足を運んだ甲斐があると言うものです。
それがいいかどうかは別として。

とりあえずボブ・サップの方が主役級二人より存在感あるのはどうかとは思いました。

それと、トラックバックを片方失敗してしまいました。
お手数ですが、削除の方お願いします。
ホント、申し訳ありません…。

邦画には何度も裏切られつつ、「今度こそは」と挑むのですが報われた例はほんの数例のみ(泣)
“映像化が不可能(困難)と言われた作品がついに!”という煽り文句の作品はやっぱり「無理だった」というのがほとんど。(「ドラゴン・ヘッド」しかり。しかも飯田譲治監督であのていたらく)
公開が延期になったりして、思いっきり引っ張った割には想像を超えるスカ作品に、思い出すにまた怒りが沸々と・・・(笑)。

邦画に残された道は“ホラー”と“釣りバカ”しかないのかなぁ。
あとB級と。
昔はもっと視聴に堪えうる作品があったような気がするんだけど(嘆息)。

ぎゃはははは!本作に関しては、ほくとさんに限らず、周囲からほんの気持でも好意的な感想を耳にすることが無かったので、屑に感大な自分としては、きっと一箇所くらいはお楽しみ場面が見つかるんじゃないかなと思っていたんですが…私が悪うごじました。確かに、こりゃ弁護する気にもなりゃしないはな。

自作の映像化には、例えそれが河崎監督の『まぼろしパンティVSへんちんポコイダー』であっても、にこやかな表情でカメオ出演している永井せんせですが、本作の牧師役での険しい表情は愚かな人間に向けられたものでは決してなく、本作の製作陣に向けられたものに違いない!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1668018

この記事へのトラックバック一覧です: 想像以上だった「デビルマン」:

» 映画「デビルマン」感想 [日向亭どっとこむ]
まずは私信。 少佐殿 え~っと…その…ご愁傷様です(汗) KAZ-Aさん 冬祭り [続きを読む]

« カテゴリーを細分化してみますた | トップページ | 「テキサス・チェンソー」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ