2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ・・・「夢のチョコレート工場」 | トップページ | わたしへこんでます~♪ »

2004/11/13

「バーバー吉野」

 ふかわりょうがいっぱい(笑)。

 男の子は全員同じ髪型という不思議な伝統がある田舎町。彼らの髪型は町に一軒しかない床屋“バーバー吉野”のおばちゃんによって、前髪をきれいに切り揃えたヘンテコなおかっぱ頭に統一されていた。それを特別疑問に感じることのなかった少年たちだが、東京からやって来た転校生が髪を茶色に染め、見るからにおしゃれな髪型をしていたのを見た瞬間、彼らは何かに気づいてしまうのだった…。

 もたいまさこの“吉野のおばちゃん”は一種狂信的なまでに「吉野刈り」と呼ばれるその髪型を守ろうとする。その鬼気迫る(笑)迫力には、子供たちでなくてもタジタジ。
 居そうだもの、こういう人。自分が正しいと信じたことをとことん貫こうとする人。
 
 「スタンド・バイ・ミー」ほど成熟していない“田舎の子供たち”の成長記。反旗を翻した子供たちだけど、それでも何事も無かったように日常に戻っていく。
 僅かな変化の中で。

 田舎は変化しにくい。それでも時代がどんどん流れていく中で、やっぱり変わっていくものなんだろうと思う。
 他人事ではない妙な共感がある。なにしろわが町の中学校は、つい6~7年前まで男子は全員坊主がデフォだったし。

 なんにせよ、子供は大人たちの敷いたレールからははみ出したがるものだし、またそれくらいでないと困るしね。

 エロ本隠れ読みはみんなの通る道かな?(笑)。でも男の子はいろいろ“楽しみ”があって良いよなぁ。


 

« ・・・「夢のチョコレート工場」 | トップページ | わたしへこんでます~♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1952877

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーバー吉野」:

« ・・・「夢のチョコレート工場」 | トップページ | わたしへこんでます~♪ »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ