2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 直訳で「おしゃぶり」。 | トップページ | 医療の進歩に驚愕す(大げさ・笑) »

2004/11/23

何処へ向かうのか 「ハウルの動く城」

 図らずも観に行くことになり朝もはよから(7時15分より)視聴。
 公開以前からストーリーそっちのけで賛否両論だった声優のキャスティング。

 正直に感想を言えば、キムタクにはそれほど何も感じることは無かった。公開以前にキャスティングの大々的発表が無かったならば、「ふ~ん、新人かな?」位で可も無く不可も無く、といったところか。
 
 つまり演じるところのハウル自体が感情の起伏の激しいキャラクターでなかったから、キムタクのあのぼそぼそしゃべりも、なんの起伏も無い台詞回しも大して気にならなかったのだ。
 (が、流石に感情を爆発させるシーンは“下手糞っ!!”以外の何者でもなかったが)

 それよりも問題だったのは主人公であるソフィーの倍賞美津子方にあった。(追記:正しくは“倍賞千恵子”です。ゴメンナサイ)

 女優としての彼女の実績などはさておき、朗読会で絵本を読んでいるかのごとくな台詞回しに絶句。
 「もののけ姫」の石田ゆり子のようにヒドイ。

 映像に関しては特にいうこともあるまいて。DLP上映だったので大変綺麗でございました。“動く城”についてはすぐにオームを連想しちゃいました。「ナウシカ」の頃より動きは段違いに良かったですが。

 なんていうかその、いくら映像がよくてもやっぱアニメに置ける声優の位置づけはかなり重要だと痛感しました。

 頼んます。妙な意地(てかこだわりか)を張ってないで、ちゃんと声優を使ってください。
 それが無理ならせめて、無名でもいいから滑舌がしっかりしてる舞台俳優かなんかを使ってください。俳優とか女優とかアイドルとか、話題性を狙ったようなキャスティングは映画を台無しにしてると思う。

 なんにせよ日本映画が衰退する原因のひとつを垣間見たような気がします。
 演技力無さすぎ。
 
 はぁ~~。

« 直訳で「おしゃぶり」。 | トップページ | 医療の進歩に驚愕す(大げさ・笑) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

美津子×
千恵子○

ですね(笑)
錯乱してました~。

ソフィーは“ダブルキャスト”でも良かったような気がしますね。
演技やメイクで容姿を変えるのは簡単かもしれないけど、やっぱ「声」はね・・・。

そうですか。実際に映画を観られた方の多くがキムタクの声については「問題なし」「上手い」と肯定的な評が多いのに対して、倍賞千恵子(美津子さんじゃなくて千恵子さんじゃなかったですか?ごめんなさい、私もうろ覚え…)さんについては、かなり厳しい意見が多いようですね。特に「おばあちゃんの時は良いが若い姿にはちょっと…」というような。
やっぱり自分で確かめに行こうかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/2043989

この記事へのトラックバック一覧です: 何処へ向かうのか 「ハウルの動く城」:

« 直訳で「おしゃぶり」。 | トップページ | 医療の進歩に驚愕す(大げさ・笑) »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ