2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ノートン先生、ごめんなさい | トップページ | 私の血は自分の血 »

2004/11/03

「コラテラル」

 骨太のドラマを撮りあげるマイケル・マン監督作品。トム・クルーズが“悪役”を演じると話題になった作品。
 舞台は夜のロサンゼルス。この夜の街並みを捕らえるために全編を(ほぼ)デジタルで撮影したとのこと。そのせいかどうか、画面がなんだかいつも観る「映画」とは違う雰囲気。
 
 平凡なタクシー運転手が乗せた男はプロの殺し屋だった、という完全“巻き込まれ型”のストーリー。
 ストックホルム症候群かと思うほど、二人の間に奇妙な共生関係が生まれていく。この場合トム扮するヴィンセントのマックスに対する思い入れのほうが強そうなので「逆」ストックホルム症候群か??
 最初は言いなりだったマックスも、次第にヴィンセントに感化され過激な行動(反撃)に出て行く。
 冷徹な殺し屋と言いつつ、最後まで“いい人”っぽくしか見えなかったのはトム・クルーズの人徳と言うかなんと言うか(笑)。ばかすか人を殺してはいるんだけどねぇ。
 本作で「脱」善玉と言うわけには行かなかったみたい(独断)。

 本編とは関係ないが、冒頭空港でヴィンセントと接触する組織の関係者(かな?)でジェイソン・ステイサムがほんの数カット出演。 「トランスポーター」で主役張ってても、ハリウッドじゃまだまだ端役扱いなのね~、とまた妙なことで感心したのでした。


« ノートン先生、ごめんなさい | トップページ | 私の血は自分の血 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

夢は語ってるうちが華。それ(夢)を現実のものにした途端、しがらみやら現実の生活と言うものに汚染されて色褪せていくものです。
・・・なんちゃって。

あー・・・でも女性のほうが意外と現実的で夢も希望もないって言うか、醒めてるかも(笑)
若い頃は私も夢と希望に溢れてたんだけどなぁ。

現在の夢は「いぢわる婆さん」になることでし。
孫や近所のジャリに「あのクソババア」、と言われつつ気ままに生きるんだわ♪(爆)

ぢつは自分のところで一度書きかけながら、結局抹消した本作の自分的あいたたポイントは、ジェイミー・フォックス演じるドライバーだったりして。人間的には思いっきりいい奴、でも将来への夢を熱く語りながらもそれに踏み出す勇気も無く、いまだ独身のモラトリアムな中年…って、いい奴部分をのぞけばなんか同族嫌悪。僕は趣味に生きてるからいいんだよという確固たる自覚が、その趣味サイドから揺るがせられた瞬間だったという(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/1844342

この記事へのトラックバック一覧です: 「コラテラル」:

» コラテラル [Marさんは○○好き]
(ストーリー) L.A.でリムジン会社設立を夢見るタクシードライバーのマックス、 [続きを読む]

» 「コラテラル」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
ファボーレTOHOにて『ハウルの動く城』のあと続けて『コラテラル』を観てきました。 『ハウル〜』が終わったのが12時40分、『コラテラル』の開始が12時50分。... [続きを読む]

» 映画「コラテラル」も見てきました。 [NEWS @ POO]
クリックすると、公式サイトへ飛びます。 ちょっと前にね、「ハウルの動く城」を見たというエントリーを書いたわけですが、実はその日、ハウルの後にトム・クルーズ主演... [続きを読む]

» コラテラル (DVD) [ショッピング用検索]
コラテラル (DVD) ショッピング用検索 ( http://sss.ii2.cc/ ) [続きを読む]

« ノートン先生、ごめんなさい | トップページ | 私の血は自分の血 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ