2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 一汁三菜というけれど | トップページ | 自分“だけ”の時間 »

2004/12/08

SFゾーン・トゥルーパーズ

 この場合、SF「ゾーン・トゥルーパーズ」が正しい区切り方。

 一週間の中盤の疲れた脳髄を直撃するような超Z級作品。
 のっけから流れる“イン・ザ・ムード”からして実に脱力ものです。

 え~っと、一応作品の概要をば。
 第二次大戦中、戦場に不時着した宇宙船を巡り米軍と独軍が宇宙人争奪戦をするというもの。1985年度日本未公開作品。
 不時着した宇宙船というのが色といい形といい、まるで「サンダーバード4号」。バグ(虫型宇宙人)目線はプレデターのそれを髣髴とさせるし、ヒットラーは出てくるし、ラストあたりで出てくる人型宇宙人は白塗りでデスラー総統のような顔色。宇宙人の攻撃はインベーダーゲームのようだし・・・。
 ・・・もうしっちゃかめっちゃかすかたんのおたんこなすです。

 それより何よりこの作品のすかたんさに拍車をかけているのが、物語の主要登場人物たるドイツ兵たちのドイツ語が字幕すらないということ。
 主に出てくるのは米兵、独兵、バグ。
 このうち独兵とバグが何言ってんのかさっぱりワカランのだからどうしようもない。雰囲気とゼスチャーで推し量れと??

 配給元であろうメディア・スーツさん東宝さん手ぇ抜きすぎだと思うけど、どうよ。

« 一汁三菜というけれど | トップページ | 自分“だけ”の時間 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/2199599

この記事へのトラックバック一覧です: SFゾーン・トゥルーパーズ:

« 一汁三菜というけれど | トップページ | 自分“だけ”の時間 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ