2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 「茶の味」はタイヘン苦かった | トップページ | ハリウッドリメイク?? 「THE JUON」 »

2005/02/28

今年のラジー賞&アカデミー賞

 本当にアカデミーに嫌われてるんだなぁ、ディカプリオ。今回のアカデミー賞はちょいと彼に同情。
 最多ノミネートだった「アビエイター」も蓋を開けてみれば主要な賞からはことごとく外れる始末。
 以下、主な受賞作品&俳優陣。

   作品賞   ミリオンダラー・ベイビー
   監督賞   クリント・イーストウッド ミリオンダラー・ベイビー
   主演男優賞 ジェイミー・フォックス  Ray/レイ
   主演女優賞 ヒラリー・スワンク    ミリオンダラー・ベイビー
   助演男優賞 モーガン・フリーマン   ミリオンダラー・ベイビー
   助演女優賞 ケイト・ブランシェット  アビエイター
   長編アニメ Mr.インクレディブル
 
 ・・・まぁ順当といえば順当か。


 それはそうとして、例年通り私の関心はラジーにあり!
 
 ということで、ブッシュ大統領おめでとうござります。
 私的には「アレキサンダー」のコリン・ファレルも捨てがたかったのですが、今年のラジーは「華氏911」にご出演のブッシュ政権の方々がことごとくノミネート。
 そんな中で光り輝くハル・ベリーの「最悪主演女優賞」。彼女主演の「キャット・ウーマン」は「華氏911」と並ぶ4部門の最多受賞。
 でもハル・ベリー、ラジーの授賞式に受賞者が現れることも前代未聞なのに、自分で自分のアカデミー主演女優賞受賞時のパロディーを演じるところがスゴイ。シャレが判るのかふっ切れてるのか。

 そのほかにも今回、ラジー賞25周年を記念して過去の受賞作から記念すべき最悪作品や俳優が選ばれたとのこと。
 過去25年間で最悪のコメディー映画はベン・アフレックとジェニファー・ロペスの「ジリ」、過去25年間で最悪のドラマ映画はジョン・トラボルタ主演のSF「バトルフィールド・アース」。
 確かに「ジリ」はリアルカップル(だった)二人の絡みに砂を吐く思いだったが、「バトル~」のほうはなかなか味のある超B級作品で、私は結構好きなんだけどネ(笑)。
 
 また「最悪ラジー落選者」には、過去25年間で8回もノミネートされておきながら、1度も「受賞」していないアーノルド・シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事。彼も相当ラジー向きな俳優ではあるかも。

 こうしてみると、昨年度は良いにつけ悪しきにつけ“これ”といった特出した作品に恵まれなかったのかも。

 日本映画はダントツで「デビルマン」だけど。(もち最悪映画だ)
 

 

« 「茶の味」はタイヘン苦かった | トップページ | ハリウッドリメイク?? 「THE JUON」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/3119871

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のラジー賞&アカデミー賞:

« 「茶の味」はタイヘン苦かった | トップページ | ハリウッドリメイク?? 「THE JUON」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ