2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 開花宣言(また今年も花見に行けそうにないなぁという心の呟き) | トップページ | 「本気」と書いてマジと読む »

2005/04/05

ZOO 「カザリとヨーコ」

 く、暗い。
 この題材なら仕方のないことなのだろうが、それにしても松田美由紀のハマリ具合といったら・・・!

 一卵性双生児を片方は溺愛、片方は虐待。何故“そうなのか”の理由説明は一切無し。双生児の入れ替わりは良く使われる手なのだが、復讐譚になるのかなと思いきや最後までどこか無気力なヨーコ。
 結局、“ライナスの毛布”の座布団と僅かな荷物を持って家を出たと思われるラストだが、とても溜飲が下がる結末とは言いがたく(私は)不完全燃焼。

 カザリとヨーコは、とても小林涼子の一人二役とは思えないほどの対比。同じ画面に入っていても全然違和感が無い。

 花粉症の鼻づまり&涙目のせいで、なかなか集中できなかったのでリベンジしたいのだが、も一回観ようという気は流石に起きないなぁ、こう暗いトーンの話だと・・・。
 

 

« 開花宣言(また今年も花見に行けそうにないなぁという心の呟き) | トップページ | 「本気」と書いてマジと読む »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/3580047

この記事へのトラックバック一覧です: ZOO 「カザリとヨーコ」:

« 開花宣言(また今年も花見に行けそうにないなぁという心の呟き) | トップページ | 「本気」と書いてマジと読む »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ