2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 縮みゆく私 | トップページ | 睡眠時間(トータル)24時間 »

2005/05/28

「炎のメモリアル」「バッファロー・ソルジャーズ」

 ファン、というわけではないが連チャンで観たホアキン・フェニックス主演の2作。

 最近特に目にすることの多くなった(?)ホアキン・フェニックス。
 何度聞いても俄かには信じられないがリバー・フェニックスの弟。リバー・フェニックスといえば「スタンドバイミー」の繊細な少年のイメージが強くて、どちらかと言うと体育会系でゴツいホアキンとはビジュアルも正反対。

 「炎のメモリアル」は9.11の消防士たちへのリスペクトが込められた作品。アクションスペクタクルと言うより“消防士とその家族”の物語になっている。
 仕事に誇りと使命感を持つ純朴で家族思いの消防士をホアキン・フェニックスが好演。派手さはないが人間ドラマになっている。
 ラストのトラボルタの演説はややわざとらしくはあるが、アメリカ映画ではありがちな事なのでまぁ仕方ないか、と。

 「バッファロー・ソルジャーズ(戦争のはじめかた)」は冷戦時末期の西ドイツ駐屯地する米軍基地の話。
 が、これがまた「炎の~」の消防士とは正反対で、武器や備品の横流しやヘロインの精製、密売をするなど、およそカタギでない補給部隊の技師を演じている。
 もちろんこれは実話なんかではないのだが、“平和な時代の軍隊”の腐敗具合や、戦争(=合法的な殺人)が忘れられない士官などなど、いかにもなお話。軍隊の話にも拘らず、彼らがやってることはギャングそのもの。
 国民の血税でやらかす分、こっちの方が数倍タチが悪いが。
 今まで結構有能優秀な人を演じることが多かったエド・ハリスが、まるで「ボケたんかい?」な感じで無能な上官をやってます。
 
 対照的な2作品を観て感じることは、感動作も良いがやっぱ“ダーク”な作品の方が強く印象に残ると言うこと。悪いことや危ない事はアドレナリンがどばーっと・・・。
 
 私だけですかね?やっぱ(笑)。
 

« 縮みゆく私 | トップページ | 睡眠時間(トータル)24時間 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/4283966

この記事へのトラックバック一覧です: 「炎のメモリアル」「バッファロー・ソルジャーズ」:

» 映画「炎のメモリアル」 [RAKUGAKI]
泣きました。泣き続けましたよ。幸せな時、辛い時。こんなに泣いた映画は初めてです。 [続きを読む]

» バッファロー [常識教習所227号館]
バッファローバッファロー(Buffalo)はウシ科の動物であるスイギュウもしくはバイソン。バッファロー (ニューヨーク州)。アメリカ合衆国|アメリカニューヨーク州にある工業都市。バッファロー (企業)|株式会社バッファロー。愛知県名古屋市に本社を置くパソコン周辺機器メーカー。アメリカ海軍の巡洋艦。ブ...... [続きを読む]

« 縮みゆく私 | トップページ | 睡眠時間(トータル)24時間 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ