2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« モーターサイクルダイアリーズ | トップページ | 神戸日帰りバスツアー »

2005/06/09

仕事場は哀愁で溢れている

 最近の気温上昇と体育祭による代休・TVCMなどのおかげで、平日と言えどもなかなか侮れない来客数の月曜日。
 朝からなにやら忙しいのだが、この忙しい最中に新人が初出勤。通常業務と平行しての新人教育。もう一人でパニック状態。

 そんな中、普段は遅刻ぎりぎりで飛び込んでくることも少なくない“不思議クン”ことK君が一時間も早く出勤。ちょうど店も混雑してたので助かったっていうと助かったのだが、不思議行動爆発で役に立ったような立たなかったような、そんな中途半端な仕事っぷり。

 「どーしたの?シフトまだ一時間も早いでしょ?いいの?」来客もひと段落、K君に問うと、
 「いや、忙しいと思ったんで早く来ました」

 おお!気が利くやんけ♪

 「そっかぁ。助かったよ、ありがと。」その場で感謝の意を示すワタクシ。
 実際は何のために早出したのかわからんような感じだったんだが、その心意気に素直に感謝。

 

 「・・・ということがあったんだよ。」
 後日、K君と前の店から一緒に働いている女子にその話をすると、
 「そんなこと(気を利かせて早出)はありえませんよ、そりゃー新しいコの顔を早く見たくて来たんでしょう。」
 とキッパリと言い放った。

 ・・・。

 そーか。そういう見方もあるのか。
 オバサンはちーっともそういう考え方に及びつかなかったゾ。
 で、
 なんかね、すこぅし哀しい気分になってしまったのだよ。

 確かにちらほら聞く噂で、K君がそういう行動(首実検)をしても不思議はないコではあるのだろうが、本当に気を利かせてくれたのかも知れないし・・・。
 同年代の女の子に即答でそんな風に断定されてしまう彼の人となりも、なんともはや「問題あり」っぽいし、善意を善意と解釈できない女の子の方も「どうなんだろ~」と思うし。
 性善説は信じてないけど、同じ職場で仕事するんなら悪意に満ちた解釈をするより、本人の言を信じて善いほうに解釈するほうが精神衛生上もずっと良くないかい??とか思ったり。

 こんな他愛もないことがいつまでも刺さった棘のように気になるのは、K君に対する彼女の冷たく毒のある物言いにある。
 件の彼女は閉店作業の不備を指摘すると、閉店作業が終わらないうちに帰宅したので「自分のせいではない」という。つまり、彼に残りを押付けて早々に帰宅したらしい。
 不備の責任が自分にないことを強調するために、そういうこと(最後まで仕事せずにさっさと帰宅)を堂々と話すあたり、最近の若いもんは「自分のことは棚上げ」状態がデフォなんだなぁと痛感。

 ああなんだか胸がいっぱいです・・・(涙)。

 

 

« モーターサイクルダイアリーズ | トップページ | 神戸日帰りバスツアー »

「お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/4485255

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事場は哀愁で溢れている:

« モーターサイクルダイアリーズ | トップページ | 神戸日帰りバスツアー »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ