2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 「恐怖の人喰い生物」 | トップページ | スペースバンパイア »

2005/07/07

ホラーでパニックでモンスターな夜

 ・・・つっても(私的には)ホラーじゃなかった「エヴァンジェリスタ」。
 ニューヨークに暮らすサマンサとクレイグの夫婦は、子宝に恵まれないことだけが大きな悩み。そんなある日サマンサは、郊外にある不妊治療専門のクリニックを訪れる。体外受精を行なうことになった彼女は、女医のリーズによって様々な検査を受けていく。その最中、リーズは怪しげな血液サンプルを取り出すと、サマンサには内緒で受精卵とのDNA操作を行なった後、それを子宮に戻すのだった。妊娠を喜んでいたサマンサだったが、やがてお腹の子の恐ろしい秘密を知ることになる…。

 うむ。
 どこかで似たような映画が・・・。もちろん古典ホラー「ローズマリーの赤ちゃん」だ。
 悪魔の子を宿すというくだりは同じだが、こちらは遺伝子操作だのクローンだのと現代的だ。なもんでちっともちっともホラーっぽくないんだなぁ、コレが。
 禁断の飛ばし観(笑)。

 ジャケ写に偽りあり!!の見本のようなBパニ「アースブレイク」。
 地盤調査を行わずハッパ(爆弾)やりすぎて山津波、高級マンションが住人ごと埋まっちゃってさあ大変。ってことで田舎のリゾート地で起こったことなので、ジャケ写のように都市が埋まってしまうわけじゃあありませんて。
 山津波でマンションがひっくり返って、中が「ホセイドンアドベンチャー」(爆笑)。ひっくり返るってアンタ、その前に壁がぶち破られるでしょうよ。
 しかも(この後の一本に微妙にリンク)現場はガラガラヘビの名産地(!)土砂と一緒に毒蛇までマンション内へ。
 いやまあツッコみどころは満載なんだが、判ってて観たんだもの。

 で、本日のトリ「アナコンダ2」。
 あんまり期待してなかったんだよね実は。でも前作よりおもろいの。ハラハラ感はまったくないけど、退屈もせず比較的落ち着いて(というのもヘンだが)視聴完了。
 今回の旅の目的である「不死の蘭」が、その化学成分ゆえにアナコンダを巨大にしているてのも面白かった。だもんで、デカいアナコンダがぞろぞろ。デカさがうりのモンスターパニックなのに有り難味のカケラもありゃしねぇ(笑)。

 奇しくも2本に蛇が登場だが、“近くに山林あり蝮生息”ってな環境に住んでるもんで、蛇が出てきたところで大してビビりもしない自分です。

 それよか「アナコンダ2」のオマケの予告編の「ボアVSパイソン」を観たけど、やっぱどっちがどっちだかさっぱりわかんねぇ。
 よく観ると微妙に頭の形が違うようだが・・・。
 
 

« 「恐怖の人喰い生物」 | トップページ | スペースバンパイア »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/4871023

この記事へのトラックバック一覧です: ホラーでパニックでモンスターな夜:

« 「恐怖の人喰い生物」 | トップページ | スペースバンパイア »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ