2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« だから正社員にしてくれって何度も言ってるのに | トップページ | 犬じゃなくて良かった »

2005/11/11

ホラーになり損ねた金曜日「レイク・オブ・ザ・デッド」「0:34」

 時折挿入される「24」なカット割。TVドラマにありがちな場面展開。

 ・・・う~む。なんじゃらほいこの「レイク・オブ・ザ・デッド」ってえ作品は。

 悩むまでもないが“やっちまった”んだなやはり。いかにもB級なタイトルだったが112分も尺がありながら、超ヒドイ出来。
 「レイク・オブ・ザ・デッド」との邦題だが、原題の「GHOST LAKE」のほうが正解。
 「~デッド」とつくとゾンビ物と(勝手に)解釈しちゃうけど(したのだ・泣)、この作品は幽霊譚といったほうがいいかも。

 「0:34 レイジ34フン」
 ええ。突っ込みまくりでしたとも。 「なんでそこで止めを刺さないのか」ってね。
 
 イギリス、ロンドン。深夜0時34分の終電が出た後、閉ざされた地下鉄の構内で起きる恐怖の出来事。
 ショッカーでクリチャーなホラー・・・なはず。
 印象的にはC・バーカーのホラー小説「ミッドナイト・ミートトレイン」。全然勝負にならないが。劇中でもどうやら“喰って”はないみたいだし。ただのキ印のシリアルキラー。
 
 途中視聴参加の息子が
 「あんな弱そうなヤツなら、二人がかりでヤれば絶対勝てるのに。」
 と。

 ご説ごもっとも。
 
 見かけはクリーチャーっぽいが、怪力でもなければ動きもさほど早くない。実際一度は主人公のピンヒールの一撃を受けて悶絶している。←ここで「止めを・・・」の突っ込みとなる。
 舞台も地下鉄構内→下水道→(なぜか)手術室など地下を迷路のように移動するのだが、緊迫感も閉塞感も画面からは感じられない。
 期待して観ただけにオチのあっけなさにも愕然。
 
 なんかね、観終わったあとも恐怖が残るようなホラーはないもんかねぇ。
 
 

« だから正社員にしてくれって何度も言ってるのに | トップページ | 犬じゃなくて良かった »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/7057349

この記事へのトラックバック一覧です: ホラーになり損ねた金曜日「レイク・オブ・ザ・デッド」「0:34」:

« だから正社員にしてくれって何度も言ってるのに | トップページ | 犬じゃなくて良かった »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ