2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 基本的にはマジメなのです。 | トップページ | “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 »

2006/06/15

上半期映画覚書

 体調不良・精神不良などで更新をさぼりがちで、日の目を見ていない視聴分を羅列(視聴順不同)。漏れがあるような気もするがとりあえず覚えているものを。

 「英語完全征服」

 「コーラス」

 「ステップフォード・ワイフ」

 「ULTRAMAN」

 「パズラー」

 「マラソン」

 「ノロイ」

 「鉄人28号」

 「セブンソード」

 「エターナル・サンシャイン」

 「妖怪大戦争」

 「楳図かずお恐怖劇場 「プレゼント」 ほか

 「プリズン・ブレイク」(シリーズ)

 「24エスケープ」

 「ダーク・ウォーター」

 「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!ファーストシーズン」(シリーズ)

 「ダニー・ザ・ドッグ」

 「ブレイド3」

 「ミュンヘン」

 「ジャーヘッド」

 「イーオン・フラックス」

 「スピリット」

 「サウンド・オブ・サンダー」

 「ダヴィンチ・コード」

 「ナルニア国物語」

  こうしてみるとまだ「これだ!」というものには出遭えてない模様。どれも「佳作」といったところか。

 最近は海外TVドラマの方が面白い。観る機会が増えた。 BS-iで放映中「LOST」(間もなくレンタル開始)。「FBI 失踪者を追え!」はNHKのBSでセカンドシーズンを放映中。WOWOWの「CSI科学捜査班」も欠かさず視聴中。奇しくも「FBI~」「CSI」は製作総指揮ジェリー・ブラッカイマーである。

 TVドラマは基本的に一話で簡潔に完結するので、ヘンな消化不良は起こさないのが視聴しやすい要因かも知れない。

 だが巷で人気のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の「24」はまったく観たことありません。

  ひねくれもの??    

« 基本的にはマジメなのです。 | トップページ | “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/10539127

この記事へのトラックバック一覧です: 上半期映画覚書:

« 基本的にはマジメなのです。 | トップページ | “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ