2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 | トップページ | ニホン語が通じません »

2006/06/21

遊園地のアトラクションのような・・・「ポセイドン」

 1972年のオリジナル版から人間ドラマを一切省いたのが本作「ポセイドン」(言い過ぎか?)
 CG技術が格段に進歩して客船の転覆シーンは確かに凄い。が、それだけ。どうしてもオリジナルと比べてしまうのは仕方ないが、雑魚キャラのみなさんにも生き残るための“選択”をさせて欲しかった。主要キャラだけが内緒で自分たちだけ助かる道を進むなんて・・・。
 挙句の果ては娘を助けるために恋人を差し置いてオヤジが命をかけるなんて、まるで「アルマゲドン」。
 
 1972年版が好きなので思わず辛口になってしまうが、生死をかけた脱出劇にしてはあまりにも「カルい」ので似て非なるものとして(リメイクではなくオリジナルとして)考えることにします。

 ・・・オリジナルとしてもどうよ?な感じではあるが・・・。
 

« “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 | トップページ | ニホン語が通じません »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/10647964

この記事へのトラックバック一覧です: 遊園地のアトラクションのような・・・「ポセイドン」:

« “やっぱり”な邦画 「デスノート(前編)」 | トップページ | ニホン語が通じません »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ