2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/21

楽しい老後のために(N○Kの番組ではありません)

 まだ濃い空気。朝靄。緑の匂い。日々成長する雑草の中で鮮やかな紫を見せる野アザミ。野鳥のさえずり。

 腰痛緩和&防止にと、医者に勧められてウォーキングを始めて約2ヶ月。途中腰痛悪化のため一週間は休んだものの、それ以外は毎日。
 時間的に無理と思っていたが、何とか時間を捻り出し毎朝20分の日課。

 ・・・コレがまた戦争なわけだが(笑)。
 朝起きて朝食の支度、家族の弁当を作って、みんなが出勤登校するまでの間隙を縫って・・・というわけだ。

 仕事から帰ってからウォーキングなんてとんでもない。なんせ6時間以上立ちっぱなしだから。しかも夕食の準備やらなにやらあるし、しかも夕方は暑い!

 なので朝。

 時間を気にしつつではあるが、これが結構ストレス解消になっていたりする。
 ほとんど汗をかかない体質ながら、最近は家に帰る頃にはうっすら汗ばんでいる。で、帰ってから花壇の水遣りをしつつクールダウンし「行ってらっしゃい」。
 ここまでが朝の1時間。それから自分の準備。

 うん。なかなかいいんでないかい。

 ある日、「毎日歩いて、ちったあ痩せたか?」とダンナ。どうやらダイエットのためウォーキングを始めたと思っていたらしい。

 ちっげーよ(怒)。大体20分じゃダイエットに効果ないし。いや、ま確かに体脂肪は減ってはいるが、コレは副産物でしかない。私が動けなくなると家が一切回んなくなるでしょうが。
 実際、腰痛で文字通り動けなくなったら2日ほど家ン中が酷い事になったじゃんよ。

 妻のココロ旦那知らず。

2008/06/19

「吐きだめの悪魔」 「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルのなんとか(笑)」

 もうかんっぺきに不定期更新。
 なのに久々のが「コレ」ってどうなの?私。

 1980年代といえば、この手のぐろぐろでろでろなホラーが量産されてた気がする。ちょっと思い出しただけでも「悪魔の毒々モンスター」「エルム街の悪夢」「ヘルレイザー」などなど、監督もダリオ・アルジェントからクローネンバーグ、キューブリックまで結構な方々が勢ぞろい。
 
 そんな中とにかく色彩的に(ありえね~)と印象に残ってるのがコレ。ナニのフットボールシーンもいろんな意味で有名なんだろうけど、まあとにかく画面全体がキタないうえに緑だの紫だの黄色だの、およそ人体とは無関係な色が溢れまくり。
 うむ。いいですねぇ、このB級加減が。
 心理サスペンス風なのやショッカーもいいけど、たまにはこういう物理的(内臓的)なホラーも良いですな。

 でもワタクシ魚はサバけません(笑)。三枚おろしは出来るけど内臓苦手です。

 で。
 ここんとこ映画の不作で(私的に)あんまり劇場に足を運んでなかったんだけど、久しぶりにかる~~い気持ちでほとんど期待もせず見たのが19年ぶりの「インディ・ジョーンズ」。
 やもう娯楽映画です。頭からっぽで観るのが吉。

 ・・・。吉なんだが・・・。
 もう水晶髑髏だのマヤにインカにナスカの地上絵。挙句ロズウェルとくりゃもう異星人オチだよなぁやっぱ。
 うんいいんだけど、異星人を持ち出すと古代文明は全部そっち方向になってしまうような・・・。

 てなことは考えず、娯楽作品として楽しむべし。

 ケイト・ブランシェットのSなソ連科学者が◎
 

 

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ