2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/05

使いこなせない・・・のに。

 娘がiPod nanoを購入。
 が、メカ系にめっぽう弱いので設定に四苦八苦。
 「同期」ってナニ?なところからの説明に私も四苦八苦。ああめんどくせぇ。WordやExcelはさくさく使うくせに。

 この手の電子機器に弱いのは、ウチの旦那と娘。専門用語(というほど大層なもんではないが)の説明から入らねばならず、私も素人に毛が生えた程度の知識しかないので上手く説明できない。
 息子との会話のように行かないのがちとツライかな。

 バイトから帰った息子と三人がかりでなんとか使い物になったが、息子よ、キミがさかさか操作したんじゃ本人(娘自身)はいつまで経っても覚えらんないよ。ゆっくりでも自分自身で操作させなきゃ。

 てか、おかーさんは万能ではありません。わかんないことをなんでも聞くのはヤメテ、自分で調べておくれ。

ミラクル7号

 やっぱり超ビンボーな主人公。チャウ・シンチーではもはや定番。女優にブスメイクってのは今回なかったものの、主人公の男の子に女の子を起用するあたり・・・。

 笑いのテンションはそれほどでもないけど、お馴染みのキャストに自作のセルフパロありで、安心(?)して観れる作品。
 観終わった後、なんかふんわりした気持ちになる近年に稀な作品(笑)。
 
 不慣れなCGのせいか、宇宙生物ナナちゃんとの絡みのシーンが微妙だったりする場面もあるけど、そういう突っ込みを払拭するほど主人公の少年を演じるシュー・チャオが女の子と思えないほど上手い。
 前作前々作のような奇想天外なものをちょっと期待していた分、全体的にはこじんまりとした映画だったので少し拍子抜けしたのも事実。

 ま、たまにはいいでしょ。こないだの「奇跡のシンフォニー」の仇も取れたし。(「奇跡~」は“泣き”にいって泣けなかった作品。今回はしっかりとほろりとさせられましたさ。)

 

 

2008/07/04

2008上半期覚書+ひとことコメ付

覚書ということで順不同の羅列。


 AVP2(大抵“2”はロクなもんじゃない)

 スゥイーニートッド[ティム・バートン版](ミュージカルはやっぱちょいサムいな)

 ジャンパー(主役より人間味あるグリフィン=ジェイミー・ベル)

 ライラと黄金の羅針盤(ライラに感情移入できないのはなぜだろう)

 奇跡のシンフォニー(気合入れて泣きに行ったのに全然そういう感じの作品ではなかった)

 女帝[エンペラー](ハムレットを中国が料理するとこうなる)

 サンシャイン2057(イギリス作なので派手さ無しのSFだがなぜか途中からSFホラーの様相に?)

 11:14(まわるまわる因果は廻る誰が最初の原因か)

 GOAL2(だから“2”は・・・)

 日本以外全部沈没(原作もかなりヒドイお話だけど映画はもっとヒドイ)

 スゥイーニートッド[イギリスBBC版](昔の英国の汚さを再確認史実に忠実だと男はみんなズラ)

 バッテリー(眠れるショタを起こす作品・・・じゃなくてなかなかの佳作)

 鉄コン筋クリート(萌えアニメ以外を観るとほっとする)

 ザ・シューター(マーク・ウォールバーグがなぜかマット・デイモンに見えてしまうボーンシリーズにあらず)


 ・・・あれ?
 書き出してみると結構いろいろ観てるぞ(劇場以外でだが)まだあるけどキリがなさそう(笑)。つまりどんだけブログをほったらかしていたかの証。

 それより今、探偵ナイトスクープやってるけど、アメフラシを食べるって・・・。(一応食べられるらしい)
 きも。

いやまあそうなんだけど

 職場の食事会からただいま帰宅。
 いやぁ最近の大学生は飲む飲む。慣れてるねぇ。(未成年者いないはず・・・多分)

 宴もたけなわ、さあカラオケタイムということになったが一番手がなかなか現れない。半ば強制的に指名を受けた大学生S君、「誰か一緒に歌おうよ~」とあちこち声をかけて回る。最終的に近くにいたN君に何度目かの声をかけるも断られる。
 あまりに可哀相なので「知ってる曲なら一緒に歌ってあげるよ」と助け舟を出した。

 N「ほくとさんが一緒に歌ってくれるってさ」
 S「なにいってんだよぉ。ほくとさんはなあ、30そこそこ位に若く見えてるけどお前(N)と同い年の子どもさんがいるんだぞう。知ってる曲がかぶるわけないだろう、お前のおかーさんと同じ(歳)なんだぞ、おかーさんなんだおかーさん。」
 N「ええっ!?」

 何気に失礼発言をかますS。
 
 酔っ払いなので本音が出たのであろう。(これだから酔っ払いはry)

 しかし、今の子はそんなに親とジェネレーションギャップを感じたりしてるのかな?音楽なんて年齢で趣向を変えるもんでなし、耳障りが良ければJ-POPに限らず洋楽でもなんでもジャンル問わず聴くんだけど。

 まあ確かに君らの親と同年代なわけで、それなら身体のあちこちにガタがきてるのも納得してくれるかな?

 ちゅ~ことで、重いものは腰にくるので持てません(持ちません)ので、若い君たちでがんばってね。ほほのほ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ