2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/24

アウトブレイク?? 「感染列島」(ネタバレあり)

 ダスティン・ホフマンのアレはサルだったが、今回の大元はコウモリ。
 
 人→人の感染の定義(感染する人しない人の差)がいまいち不明瞭な感じがしたり、突っ込みどころはいろいろあれどまあ面白かった。邦画にしては合格点。
 未知の病原体への感染もさることながら、デマゴーグあるいは未確定情報の先走りで、養鶏業者に群がるマスコミや不特定多数の電凸が、「松本サリン」の最大の被害者となった河野さんを髣髴とさせ気分がブルーに。

 なにが怖いってやっぱ人間が一番怖いわ。

 映画好きの悪い癖か既存作品とつい比べがちになってしまうが、比較相手はハリウッド作品なので派手さの面では到底勝ち目なし。都合よくヒロインが助からないのは私好みなので(笑)こっちの勝ち~。主人公もこっちのほうがエエ男だし。

 感染が日本列島規模で広がるのはさもありなん。外国映画なら封じ込めに即軍隊出動→上官命令で封鎖破りの民間人に向け即発砲、となるが本作品ではやすやすと封鎖を突破される&されるがままの警察という、実に日本的な光景が広がります。そういうとこは日本のいいとこなんだか悪いとこなんだか・・・。
 滅びの美学って大層なもんではないけど、きっと民族全部滅ぶ時はこんな感じなのかも。どっちかてえと諦めの早い民族だし。(立ち直りも早いが)


 話は関係あるようなないような方向へ変わるが、最近タミフル耐性のインフルエンザが流行ってるとか。
 もともと変異しやすい病原体だしいつかはそうなると思ったが、なんつうかタミフル使いすぎでは?日本人。自分で自分の首を絞めるような行為はいかがなものか。
 罹ったらつらいけど、元気な若者は自力で治す方向でどうだろう。
 
 ちなみに代替薬のリレンザって吸引する薬みたいだけど、映画でよく観るドラッグを吸い込むようなかん(ry


 

 

2009/01/17

アン・ハッピーバースデイ・・?

 来年のことを言うと鬼が笑うとか何とか言いますが、成人式も終わったばかりというのに、来年の成人式に向けて振袖のレンタル申し込みに。
 自分があれば迷わず着せるのだが、私の時代はレンタルなんてなかったし、なんせビンボーな家庭だったので振袖なんぞ持ってない。

 んで、今回娘の成人式が来年となったワケだが、本人曰く「レンタルでいいよ」とのこと。渡りに船(笑)だ。

 去年あたりから「早く予約しないといいものがなくなる」とせっつかれ、来年度のレンタル内見会初日、店舗オープン時間に合わせて出かけたのだ。
 が、オープン前というのにすでに列!
 店内はプチ同窓会の雰囲気。(そりゃそーだ)
 受付を済ませたものの、待てど暮らせど順番が来ない。小1時間過ぎたところで順番を確認するもまだ一桁。
 
 待ち時間の間、昼食もかねて近くのデパートへ。翌週の誕生日の前倒しで娘のプレゼントを買う。振袖レンタル料を払う。
 なんだかんだで終わったのは午後3時。

 ・・・私の誕生日だったのだが、なんだかな~。

 このトシで誕生日も無いもんだとは思うが、年を重ねるにつれイベント事が無くなっていくというのもむなしいカンジ。
 
 つうことで明日映画でもいこっと。(我ながら安上がりだな~)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ