2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« アン・ハッピーバースデイ・・? | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

2009/01/24

アウトブレイク?? 「感染列島」(ネタバレあり)

 ダスティン・ホフマンのアレはサルだったが、今回の大元はコウモリ。
 
 人→人の感染の定義(感染する人しない人の差)がいまいち不明瞭な感じがしたり、突っ込みどころはいろいろあれどまあ面白かった。邦画にしては合格点。
 未知の病原体への感染もさることながら、デマゴーグあるいは未確定情報の先走りで、養鶏業者に群がるマスコミや不特定多数の電凸が、「松本サリン」の最大の被害者となった河野さんを髣髴とさせ気分がブルーに。

 なにが怖いってやっぱ人間が一番怖いわ。

 映画好きの悪い癖か既存作品とつい比べがちになってしまうが、比較相手はハリウッド作品なので派手さの面では到底勝ち目なし。都合よくヒロインが助からないのは私好みなので(笑)こっちの勝ち~。主人公もこっちのほうがエエ男だし。

 感染が日本列島規模で広がるのはさもありなん。外国映画なら封じ込めに即軍隊出動→上官命令で封鎖破りの民間人に向け即発砲、となるが本作品ではやすやすと封鎖を突破される&されるがままの警察という、実に日本的な光景が広がります。そういうとこは日本のいいとこなんだか悪いとこなんだか・・・。
 滅びの美学って大層なもんではないけど、きっと民族全部滅ぶ時はこんな感じなのかも。どっちかてえと諦めの早い民族だし。(立ち直りも早いが)


 話は関係あるようなないような方向へ変わるが、最近タミフル耐性のインフルエンザが流行ってるとか。
 もともと変異しやすい病原体だしいつかはそうなると思ったが、なんつうかタミフル使いすぎでは?日本人。自分で自分の首を絞めるような行為はいかがなものか。
 罹ったらつらいけど、元気な若者は自力で治す方向でどうだろう。
 
 ちなみに代替薬のリレンザって吸引する薬みたいだけど、映画でよく観るドラッグを吸い込むようなかん(ry


 

 

« アン・ハッピーバースデイ・・? | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/43838731

この記事へのトラックバック一覧です: アウトブレイク?? 「感染列島」(ネタバレあり):

« アン・ハッピーバースデイ・・? | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ