2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 卒業おめでとう | トップページ | いくらなんでも »

2009/03/15

黒い家(韓国版)

 心理描写でジワジワ陰気な日本ホラーが韓国版になると・・・。

 一時期、時代を騒がせた保険金殺人を題材にした作品。(おおまか過ぎるか・・・)
 「この人間には心がない」というキャッチコピーが印象的。

 グロいシーンなどは韓国版のほうが判りやすくて(突っ込み所も満載だったが)、スピード感がある分視聴しやすかった。オリジナルのほうは事が起きるまでの描写が長すぎ。ドラマで見せる分にはいいが、ホラーは観てるほうも「(それなりな描写を)早くしろよ」と思いがちなのでそう感じるのかも。
 が、オリジナルもラストあたりは大竹しのぶの怪演がコワい。名女優たる所以というか、あれが「地」に見えて仕方ない(笑)。乳のシーンは絶対吹き替えだと思うが、もしアレも本人なら脱帽ものです。このシーン、単なるサービスカットかなと思ったが、あの妻にとっては(保険金)殺人とセックスが結びつくという、連続殺人犯には至極当然な図式なんだなと勝手に解釈。
 どちら(日本、韓国)も似て非なる作品として観れば問題ないか。
  
 最近また密かにマイブームだった、スプラッタ系のグロいホラーに飽きてきたので、普通な(?)ホラーを観たくて新旧いろいろ観ているのだけれど、ゆっくり丁寧な(のかな?)ホラーは観ているうちに居眠りしちゃって肝心なシーンを見逃してたりと散々。
 それもこれもこの陽気がイカンのだが。春眠暁を覚えず、とはよく言ったものだ。油断すると睡魔が勝ってしまう。集中力もないので、2時間ほどの映画(DVD)をぶつ切りで観ている始末。

 ぬ。
 この集中力のなさは陽気のせいでなく、もしや歳のせい???


 

« 卒業おめでとう | トップページ | いくらなんでも »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/44352910

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い家(韓国版):

« 卒業おめでとう | トップページ | いくらなんでも »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ