2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2011年2月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月

2012/05/21

猫も杓子も金環日食

ここいらは部分日食だったけどね。しかも曇ってて見えねぇし。

ということでネットにて観測。
朝の家事も一段落、朝食を摂りつつ観ていたら、
「きんかん日食って太陽と金星が重なるの?」と娘。
「音だけ聞くと勘違いするけど、金の環って書くんだよ。月と太陽が重なって金の環のように見えるから
金環日食っていうの。」
「ふーん。」

あれ?
なんかおんなじことを説明した記憶が…。
そういえば、数日前にも旦那に説明したわ。やっぱ親娘だねぇ。というと娘が怒るので、黙ってます。

2012/05/01

なんということでしょう

と、我ながら某TV番組のようにナレーションを入れたくなるワ。

平平凡凡と日々が過ぎて行き、気が付けば一年。
最近はとんとPCに触れることが少なくなって、コレもiPadから書き込んでいる始末。

兼業主婦生活も11年目に突入。年々言うことを聞かなくなる身体をダマしつつ、それでもシフト減らさなきゃなぁと思ったらフリーターが辞めたり学生バイトが同時に新人と入れ替わったり経営サイドの従業員が不必要な店内模様替えを敢行したり結局元に戻したり新しく担当になったSVが超マニュアル人間で融通が聞かなかったり不二家のパートさんが(いろんなことにブチ切れて)辞めたり…あれ?

ちっとも平平凡凡じゃないじゃん。(笑)

今年で娘も社会人になり、中学生の頃からの念願通りの職に着くことができた。自宅を出ていた息子も地元に帰ってきて、子供達は自宅住まいで自宅通勤。旦那も単身赴任解除で、なんていうか「ふりだしにもどる」ってな感じ。
それぞれ前進はしてるものの、家族が一つ屋根の下に戻ってきた。
主婦で母であるところの私の家事の負担は一向に減らないわけだが、「とにかく家から早く出たい」と思っていた私の青年期とは違い、家が居心地良いものならそれでもいいかと思ったり早く自立して欲しくもあり、複雑な心境。

ややヘヴィな話ではあるが、実家の両親とは丸一年ほど音信不通。車で小一時間もかからない所に住んではいるんだが。生きてんのか死んでんのか。我ながら薄情な事だ。

« 2011年2月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ