2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/22

人柱、よろしく!

旦那がiPhone5を手に入れてきた。

新し物好きな私ですが、今回も様子見。
初期ロッドに不具合ってのはどんな物でもよく聞く話なので。
そういうことで今回のiOS6へのバージョンアップもまだ。まあ、じぶんの4じゃsiri未対応だし、何よりもマップがあり得ないことになってるようなので、躊躇しているのが本当にところ。(面白ネタとしてはいいんだろうけど) マップに関しては有料ソフト入ってるから問題ないんだけど。

というわけだったのだが、何と好都合なことに身近に人柱発生。
旦那である。

案の定、プリインストの状態のまま「なんか(アプリ)入れてくれ」と丸投げ状態。
ほいほい二つ返事で旦那のiPhone5をいじくり回す。

まずはwifi設定。Bluetoothオフ。さぁて。

ふむふむ。薄くなった薄くなったと言ってたが、そんなに違いは感じないな。でもやっぱ軽い。サクサク感はう〜んどうだろ? げ、ストアの表示がPC仕様になってる!使い辛っ!てか画面小さいんだから見にくいわ! siriちゃんはどうかな〜? なんじゃいそのトンデモ変換は!オイラの滑舌が悪いのかorz なに?音楽入れて?タダじゃ入らんわ。音楽聞きたい?今まで着メロも使ったことないのに。わたしの?アニソンしか無いよ。面倒いから後で。ちょっと画面整理するよ。要らないのはここへまとめて入れとくから。
とりあえずこんなとこで。後は使いながら覚えてね。

さて感想。
劇的な感動は無かった。今のに慣れてるからかも。ソフトのアップデートももう少し調べてからにしようと思う。
しかしピンが規格変更になってるので、今までのDOCK機器が使用不可でアダプタ必須。またいろんな小物が増えていく……。


2012/09/16

懐かしのホラー 「フロムビヨンド」

1986年度作品。原作はHPラヴクラフト…のはずだけど。
昔見た時もこんな感じだっけ? と記憶を辿りつつ視聴。
ラヴクラフトといえば「クトゥルー神話」。
若い頃は良く読んだ。映像化されているものかなりあって、ちょっと思い出したものだけで「Re Animator」(死霊のしたたり)「ダゴン」「ヘルハザード」などで、ラヴクラフト作品をモチーフにしたものならもっとある。

どれもB級を冠してしまうのだが(笑)。

本作もその例に漏れず、なんかすっごいエログロのB級に仕上がってます(ポロリもあるよ)。原作はもっとまとも(笑)だったと思うが。
映像はただひたすらに「キモイ」。ホラー映画では定番設定のバカ女が、状況をどんどん悪化させてくれます。救いのない結末はやっぱりラヴクラフト。

主演のジェフリー・コムズはそういや「死霊のしたたり」のウェスト博士だよね? 「死霊の〜」は85年作品なのだが、Wikiでは出演作品に「フロムビヨンド」(86年)が入ってませんが。

黒歴史なのか?無かった事になってるのか?

黒歴史かどうかはさておき、本日はもう少し懐かしホラーを発掘することにしましょうか。

2012/09/15

誰が誰に?「バイオハザードV リトリビューション」

この間バラエティで見かけたミラ・ジョヴォヴィッチは、それなりに容姿に年齢が出ていたと思う。
が、映画の中のミラは、予想はついていたが映像マジックによって大層若々しいご様子。

さて、本編はというと初っ端から数分間今までの“おさらい”。
いやまあ本作が初バイオハザードという人もいるかもしれんが、さすがに5作目となれば観ているのは常連がほとんどではあるまいか。
まあそれは制作側の親切設計ということで納得するとしても、舞台が実験施設であるがゆえに今までのキャラがわんさか出てきて、使いまわし感がハンパない。
「クローン」という設定で、ミシェル・ロドリゲスやオデッド・フェール 、コリン・サーモンといった面々がぞろぞろ登場したので、その印象が強くなったのかも知れない。
(ミシェル・ロドリゲスは好きな女優さんなので出てくれてうれしかったし、終盤の無双ぶりは眼福でございました。)
ゲーム未経験者なので、キャラクターの知識はうっすらとしかないが(名前くらいしか知らない)、クリスとクレアはどうなっとんねん。
そういえば前述のおさらいシーンでは見なかったような? 本作で登場がなかったから省いてたのか?
監督曰く、次(6)で完結らしいのでおもっくそ「次回に続く!」感まる出しのラストだったが。


副題のリトリビューション、一体誰が誰に「復讐」してるんですかね?

…。

……。


あっ!!!

もしかして

「復習」?


(おもしろくないorz)


追記:クレジットロールで日本語の歌が流れたので「あれ?」と思ったら、あれはやはり日本公開バージョンだったらしい。
ちなみに中島美嘉嬢(本作にも出演)の歌でした。


2012/09/14

社畜になる気は毛頭ありません

春に入ったばかりのパートさんが辞めることになった。夏が終わってシフトが減らされたのが原因の一つだ。
彼女曰く、面接時に子供を保育園に通わせるために、最低就労時間(日数)が必要なことは説明済みで、時間が足りなければ他との掛け持ちもあるかもしれないと、口頭で伝えていたらしい。
で、このままでは掛け持ちをしなければならないと店長に話したところ、

  「掛け持ちはいいが、繁盛期はこちらを優先すること」
  「シフトを増やして欲しいなら、ほくとさんがやっている発注作業もやってもらう(その場合、時給もアップする)」
   「代わりにこちらのシフトの減った分、ほくとさんには不◯家に入ってもらうことにする」

ん??

ナンデスカ、そんな話初耳デスガ。

「え?でも店長は、もともと最初雇った時は不◯家で、ほくとさんも不◯家に帰りたがってるって話してましたけど」とはパート談。

いやいやいや。不◯家に帰りたいとか、そんなことひとっことも言った覚えはありませんが。大体、ここに新店舗が出来て、半強制的にアイス屋の店長代理みたいなもんをやらされてるんですが。
しかも何ですか、十年以上この仕事をやってきて、今更畑違いの仕事を一からやれと?
何すかその仕打ち(未遂だけど)。

その後も色々交渉したらしいのだが、店長が提示したどの条件も二つ返事で呑めるものではなく、結局「わかったわ。」という店長の鶴の一声で交渉は決裂。今月末に辞めることになったらしい。
パート氏、その他にも面白い話をいくつか披露してくれた。

  「ほくとさんは喉が弱くて、すぐ風邪をひいてちょくちょく休むのよ。」「不◯家のほうでケーキ作りたがっている」店長談。

いやいや、38.5度の熱でも出勤してますが。年間通しても風邪(インフルエンザ含む)で休んだのは7日に満たないんですが。
ケーキ作りたいだなんて言ったこともないし、そんなの小指の先ほども素振りに出してませんが。
要するに、人件費削減のため使い勝手のいい私に「不◯家」と「アイス屋」の掛け持ちをしろと。

どこまでが店長の真意かわからないが、一つだけ。
人を人とも思ってない、従業員を単なる消耗品と思っているらしきことだけは良く理解できた。

「私、何のために入った(就職した)んでしょうねぇ。入った時は一年は勤めてねって言われてたのに。」
大きく溜息をつきながら言うパートさんに、
「そうだねぇ」
としか答えられない私。

やっと平日人がきて少し楽になって、病気の時も高熱で無理やり出勤しなくて良くなると思ってたのに。

ヤル気も気力も何もかも根こそぎ持っていかれたような脱力感に苛まれてます。

 

2012/09/12

無限カーが愛車です

まさか自分がこの年でDQNカーに乗るハメになるとは…orz

この春、ボロボロだったセカンドカーを買い替えることになり、値段の条件だけつけて旦那に任せたところこうなった。
もともと「走りゃええわい」くらいにしか車に思い入れがないので、デザインやメーカーにもこだわりなぞ一切ない。旦那の方も車にテコ入れかけるほうじゃない。
で、車にはあんまり詳しくないので旦那におまかせ。
旦那も横着者で、知り合いの中古車販売店をネット検索して値段、年式などなどで現物をほとんど確認しないで決めたらしい。確認しなかった私も悪いが、いざ現物がきてみると
おおう!

エアロ仕様のいわゆる見た目ががっつりDQNカーだったのでございます。しかもご丁寧にエアロパーツに「無限」の文字が…。
これ以降、娘と私とでこのセカンドカーのことを「無限カー」と呼ぶことになる。

主に乗るのは私だが、娘が初心者マークをつけて乗り込むと時々後ろから煽られるそうな。

この「無限カー」、軽のくせにすこぶる燃費が悪い。家の七年もののフ◯ットより燃費が悪い。しかもカーステが使いにくい。
まあこれは、iPod積み込んで主にアニソンかけてるので問題ないが。

教訓:買い物は旦那に任せっきりにしてはイケマセン。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ