2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 入院なう | トップページ | 専業主婦を堪能中 »

2012/10/31

退院そして、

昨日(30日)無事退院。その前日仕事先に退職の表明をした。
時間短縮などの条件を出されて留意されたけど、最終的にはドクターストップと家族の意向を盾に退職を強行した。

だってねぇ、入院中一度も見舞いに来ないどころか、経過を訪ねたり案じたりするメールや電話の一本もなし。
...十年以上勤めててこのあつかいですヨ。相手方から自主的に電話してきたのは、辞めることが確定的になった旨を伝えた私のメールを受け取った直後のみ。
それでも、これからクリスマスにかけて忙しくなることは分かっていたし、人員不足だってことも承知していて、辞めることをずいぶん悩んでいたんだが、私の入院中の店長の私への言動を知る機会があって、悩みや店に対しての気遣いも木っ端微塵に吹っ飛んだ。

以下店長とパート(S)さんの会話。
S「ほくとさん、膝じゃなくて股関節に水が溜まったって言ってましたよ。」(店長からは膝に水が溜まって入院したと聞いていた)
店「え〜、そんなところに水溜まるの?っていうかほくとさんと連絡とってるの?」
S「とってますけど?それより水が溜まったりしたんなら、クリスマスとか無理できないんじゃないんですか?」
店「そんなこと言っても、こっちも忙しいし。困るわ。」
Sさん曰く、店長の口から出るのは店が回らなくて困ること、水が溜まるくらいたいしたことじゃないこと、退院後直ぐ今まで通りの扱いになること、そんなことばかりで入院に対して気遣う言葉は一つもなし。

いやまあ、確かに折れたり切れたりしたわけじゃないが、診察に行って即入院な状態だったわけで、たいしたことがあるかないかは、見舞いにも来ないアンタになにが判るんだよってことだ。

とにかく急ではあるが辞めることになって、金曜日に離職証明書に記入しろと呼び出しを喰らっているので、その時にまたネチネチ言われそうであるが、もう係わることもないだろうしもう少しの我慢だ。

入院のため休職して一週間、あれほど痛かった右腕が何ともないのがなんとも...。

やっぱどう考えても労災だよねぇ。

« 入院なう | トップページ | 専業主婦を堪能中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/56013525

この記事へのトラックバック一覧です: 退院そして、:

« 入院なう | トップページ | 専業主婦を堪能中 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ