2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 純粋に興味あり | トップページ | 入院なう »

2012/10/06

アシュラ

公開からまだ一週間しか経っていないというのに、会場には私を含め観客は3人。
想像はしていたが、やはりこうなるか。

私自身もハリウッド的な、派手でわかりやすい映画はよく観るけど、こういう心に引っ掛かるようなダークな映画も大好物だ。

原作は知る人ぞ知る、ジョージ秋山。当時、発禁騒ぎもあった作品だ。飽食の今の時代では理解しがたいが、生きるために人を食う。これだけでもなんちゃら指定に引っかかりそうなもんだが、映倫の指定はなし。誰でも観れるよ、と映倫様が仰っている。
でも観客3名。

で、今回気になっていたのがアニメーションの手法。
トレーラーを観た時点では「キングダム」っぽい?と思っていたが、やはりCGのようだ。調べてみると、水彩画をCGで動かす「ハイブリッド・アニメーション」という手法だそうな。
独特の雰囲気が出てていいけど、もう昔ながらのセルアニメってのは少数派なのかな?(公開間近の009もCGアニメだし。)

ともかく最近ぬるめの作品ばかり観ていたので、少しばかり感情を動かす刺激にはなったと思う。
硬派なものは商業的に、なかなか作りにくいものなのかもしれないが、大人な作品ももっと作って欲しいと願います。実写(邦画)には期待が持てないので(というか裏切られてばっかりなので)、ぜひアニメの世界だけでも頑張って欲しいもんです。


« 純粋に興味あり | トップページ | 入院なう »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/55827992

この記事へのトラックバック一覧です: アシュラ:

« 純粋に興味あり | トップページ | 入院なう »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ