2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« デビル・インサイド | トップページ | だらだらと暗く »

2013/11/15

アポロ18

「米のアポロ計画はアポロ15号から17号において実施されたものの、続く18号から20号までは計画自体がキャンセルされた。」
さてでは何故計画がキャンセルされることになり、その後40年月へ行かなくなったのか。
実は18号はミッションを遂行していて、その時の極秘映像が…。
というモキュメンタリー。

極秘映像と言って真っ先に思い浮かぶのが「宇宙人解剖フィルム」。完璧なバッタもんだが当時としては(細かいところはさておき)よくできていたと思う。
それに比べて…。

画面にチラチラ映る「なにか」。近くにあったソ連の探査船はすでにその「なにか」によって死の船と化している。調査中に「なにか」=虫のような生命体に襲われる乗組員。虫の菌(?)に感染して凶暴化するキャプテンなどなど、なんだかモンスターものかパンデミックものか訳のワカラン展開に。
政府にSOSを出すも、どうやら政府はこの虫の存在を以前から知っていたようで、感染の危険性から救助も帰還させることもできないという。それでもなんとか助かろうと足掻く生き残りの乗組員に帰還船に忍び込んでいた大量の虫が襲いかかる…ところでテロップ。

…何ともはや。
つまり月には未知のヤバげな生物がいるので探査を断念した、ということらしい。
ソウデスカ、としか言いようがない。
モキュメンタリーの定番で、何故か肝心な部分では画像が乱れるし。前記した「宇宙人解剖フィルム」の方が何倍か面白かったという。

もうモキュメンタリーホラーはお腹いっぱいかな?

と言いつつ、多分これからもがっかりするのを前提に観るんだろうな。

« デビル・インサイド | トップページ | だらだらと暗く »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/58575251

この記事へのトラックバック一覧です: アポロ18:

« デビル・インサイド | トップページ | だらだらと暗く »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ