2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 黒歴史の取り扱いについての考察 | トップページ | SPEC~結~ 爻ノ篇 »

2013/11/30

REDリターンズ

「続編は大抵コケる」の法則を当て嵌めていいのか迷うところだが、ベテラン俳優陣が頑張ってるので見ない振りをしておく。

ストーリーは 恋人サラと一緒に生活し、諜報活動から縁遠い毎日を過ごしていた元CIAのフランクだが、かつての仲間マーヴィンが関わった小型核爆弾をめぐる冷戦時代のトラブルが持ち上がり、その解決の手掛かりを追い求め3人はヨーロッパへと足を運ぶ。

世界中を飛び回り場面転換がめまぐるしいので、今どこで何やってんのかいなと思うこともしばしばなのだがアクション映画に内容を求めてはイカン。

平均年齢が高いのでアクションを観ていても違う意味でハラハラ。その点やっぱりイ・ビョンホンのアクションは落ち着いて観れる。
ヒロインのはずなのに行動を起こす度、私をイライラさせるフランクの恋人サラ(笑)トラブルメーカーの位置付けだから仕方ないんだけども。
全体的に単色のイメージで「色」足りない作品だった。かと言って漢クサさ爆発!でもなかった。どうせならもっとあり得ない位の老人パワーを発揮して欲しかった。

とにかく何も考えず能天気に愉しめればなかなかの佳作。
というわけで内容自体はあまり記憶に残っていないのであります。

« 黒歴史の取り扱いについての考察 | トップページ | SPEC~結~ 爻ノ篇 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/58682902

この記事へのトラックバック一覧です: REDリターンズ:

« 黒歴史の取り扱いについての考察 | トップページ | SPEC~結~ 爻ノ篇 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ