« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014/09/02

パソコンとバトった3週間の忘備録(後編)

そして運命のMSアップデート。
以前は自動更新の設定は外して、一旦確認してからインストールするようにしてたのだがPCを新調したときにすっかり失念してて・・・。

8月16日

窓のアップデート×セキュリティですったもんだの挙句一時間も時間をロス。
ばかやろー!!

8月17日

PCを新調する度、というかOSが新しくなる度に格闘してるような気がする。
素人に産毛が生えたくらいの私のスキルでは敗北は確定なんだけど散々いろんな手を尽くした挙句に電話するんだからもっとすぱっと解決してくれないもんかね。
その手は全部試したんですけど、な回答が多くて凹むわ。

てなわけでこんな時間まで弄ばれて疲れたよ。頭使うと興奮して眠れなくなるんだよね。明日も早いのに困ったことだ。

8月20日

MS許すまじ。

8月21日
どう考えてもWindows Updateが原因。
買ったばっかりで他に思い当たることはない。サポセン頼っても原因が解らず結局リカバリするハメに。

今日はもうゆっくりPC相手は出来ないのでリカバリ自体は明日に持ち越し。
疲れたわ。

何度でも言うMSの馬鹿。

8月21日
凄い雷で一時停電。
リカバリ予定してたけど今日はやめた方が良さそうだ。

8月22日
今日はほぼ1人なので時間を気にせずPCと格闘。
あちこちのサポセンを頼るもどうにもならず、食事もそこそこにさっきまで設定の手直しやらバックアップの設定やらデーターの移行やらブチ切れ寸前。

やっと落ち着いて今オンデマンドでハリウッド版呪怨2を視聴中。
観終わって気付く。

「リング2」じゃまいか( ´д` ;) もうアタマぼけぼけだ。寝よ。

8月25日
レジストリうんぬん言われたらど素人ではもう太刀打ち出来ん…。
MS側の問題かもと言われたらどうも出来んわな。はぁ。
IE11もニコ動で挙動不審だし。Chromeと二刀流とかマジ勘弁して欲しいよ面倒くさいわ。


この後そのまま使用中。
今のところ然したる不具合はないものの、爆弾を抱えたままのような気がしてまことに尻の座りが悪い。
それに加え、Win8.1に全く不慣れな(というかデジタル全般に不慣れな)旦那が嬉々としてゲームとかやってるのがちと怖い。

早速画面が閉じないとかなんとか・・・。

もう年なので頭使うとどえらい疲れます。

パソコンとバトった3週間の忘備録(前編)

去る7月某日に前機Vistaがぶっ壊れたところから始まる。

サポセンに問い合わせるも、症状から見てどうやらHDD本体がクラッシュの模様。勿論データの吸出しも不可。バックアップは取ってあったものの、半年前のデータ。(業者に頼めばできそうだったが仕事に使ってなかったのでまぁいっか。)面倒くさいのでいろいろ諦めて新しく購入することに。
んで、メーカー直販でカスタマイズしてお安く購入。
その後(いつものことながら)えらい目にあったわけで。


8月5日

頼んでいたPCが届いた。
が時間的に夕方の家事タイムなので落ち着いて設定できそうも無い。
作業を夜半にするか明日にするか思案中。
アナログ人間の旦那に頼めないので困ったもんだ( ´д` ;)

早くおニューのパソコンに触りたい。
開封はしたが箱から出してしまうと最後までやらないと気が済まなくなるのでここは我慢。
…う〜。

遠足前のコドモの気分でおやすみなさい。

8月6日

ああああああああああああああああやっと終わったあああああああ朝から何時間だよ昼ご飯も食べてないよ。やっとPCの設定やらバックアップの復元とかもう頭から湯気が出そうだぁあああああ。

でもこの後iPad使うから電源落としちゃうんだけどねてへ。

なんにせよアナログが大事と学んだ。

それにつけても窓8.1のなんと使いにくいことか。
探し物の場所がさっぱりでそれが設定に時間がかかった一因だよ。

8月7日

今朝もパソコンに張り付いて細かな設定をしているがやっぱり窓8は使いにくい何時になったら慣れるのか。
それより買い物に出かけねば。野菜ばかりでタンパク質が品切れだ.

8月10日

Cloudサービスにいろいろ手を出してみる。
面倒臭いんだか便利なんだかよくわからないが前回のPCの急なクラッシュ対策&頭の体操も兼ねてPCを弄繰り回している、なう。

後からIEと格闘。動画再生がスムーズにいかずあれやこれやいろいろ試したがどうにもこうにも。再起動すると一旦は良くなるけどもうストレスMAX。
仕方ないので他のブラウズ導入。

…ちゃんと動くってどういうことよ私の努力と時間を返してちょ(-"-)

LUCY(ネタバレあり)

この手のものは大変大好物でございます。
ちょっと短めな上映時間で詰め込みすぎな感は否めないけど、だらだら引っ張るよりは展開が速いので短編小説を読んでる感じかも。

アップが多かったスカーレット・ヨハンソン。
無機質な感じの美人さんでえかったです。
最初鼻水(はなかった)涙ボロボロだったのが覚醒するにつれて無表情に。
感情って脳にとっては邪魔なのかな?人が人たる所以だと思うんだけど。

悪役がチェ・ミンシク。「オールド・ボーイ」のあの方です。
一昔前のマフィアといえばロシアか中国が多かったけど、最近は韓国なんすかね?
年取って貫禄が出ててなかなかのボスっぷりでした。


ストーリーはまんま、「脳を100%使用出来たらどうなるか」ということ。

話が進むにつれ私のオタク脳が反応。
「AKIRA」「攻殻機動隊」「マトリックス」などなど既存のSFものが頭をよぎった次第です。

以前、押井作品「イノセンス」(2004年作品)を観て他のお客が「さっぱり訳が分からんかった」と言ってたが、苦手な人にとってはまさにそれに近い作品だと思う。
流石に10年経って、仮想空間やらクラウドやら何やらSFっぽいものが身近になっているので、これらの作品が大丈夫ならそんなに難解ではないと思うけど。

ラストのルーシーのセリフ(厳密には違うが)では思わず
「素子ー!!」と叫んだわ(勿論脳内で)。

攻殻とは違い電脳空間ではないものの、脳を100%使うと時間も空間も物質からの制約も越えてしまうようです。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ