2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 「イントゥ・ザ・ストーム」7月・8月視聴映画てんこ盛り(新旧入り乱れ) | トップページ | パソコンとバトった3週間の忘備録(前編) »

2014/09/02

LUCY(ネタバレあり)

この手のものは大変大好物でございます。
ちょっと短めな上映時間で詰め込みすぎな感は否めないけど、だらだら引っ張るよりは展開が速いので短編小説を読んでる感じかも。

アップが多かったスカーレット・ヨハンソン。
無機質な感じの美人さんでえかったです。
最初鼻水(はなかった)涙ボロボロだったのが覚醒するにつれて無表情に。
感情って脳にとっては邪魔なのかな?人が人たる所以だと思うんだけど。

悪役がチェ・ミンシク。「オールド・ボーイ」のあの方です。
一昔前のマフィアといえばロシアか中国が多かったけど、最近は韓国なんすかね?
年取って貫禄が出ててなかなかのボスっぷりでした。


ストーリーはまんま、「脳を100%使用出来たらどうなるか」ということ。

話が進むにつれ私のオタク脳が反応。
「AKIRA」「攻殻機動隊」「マトリックス」などなど既存のSFものが頭をよぎった次第です。

以前、押井作品「イノセンス」(2004年作品)を観て他のお客が「さっぱり訳が分からんかった」と言ってたが、苦手な人にとってはまさにそれに近い作品だと思う。
流石に10年経って、仮想空間やらクラウドやら何やらSFっぽいものが身近になっているので、これらの作品が大丈夫ならそんなに難解ではないと思うけど。

ラストのルーシーのセリフ(厳密には違うが)では思わず
「素子ー!!」と叫んだわ(勿論脳内で)。

攻殻とは違い電脳空間ではないものの、脳を100%使うと時間も空間も物質からの制約も越えてしまうようです。

« 「イントゥ・ザ・ストーム」7月・8月視聴映画てんこ盛り(新旧入り乱れ) | トップページ | パソコンとバトった3週間の忘備録(前編) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/60248986

この記事へのトラックバック一覧です: LUCY(ネタバレあり):

« 「イントゥ・ザ・ストーム」7月・8月視聴映画てんこ盛り(新旧入り乱れ) | トップページ | パソコンとバトった3週間の忘備録(前編) »

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ