2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 「チャッピー」5月視聴映画Twitterまとめ | トップページ

2015/07/31

「マッドマックス」&シッチェス祭り 6,7月視聴映画Twitteまとめ(加筆修正)

毎度お世話になってるWOWOWのシッチェス映画祭含めアレヤコレヤ新旧B級ごちゃ混ぜです。
家庭の事情により、益々映画館に足を運ぶ機会が減って若干涙目なワタクシですが、心の友であるところのB級作品でストレス発散(ものによっては逆効果な作品もあり)

6月1日
「オープン・グレイヴ 感染」
森の中の一軒家に集まった男女は皆記憶喪失で周りの森の中には謎のウィルスで凶暴化した感染者がうろついている。感染者がゾンビっぽいけど否、ちゃんと普通に死にます。陰鬱とした雰囲気のパンデミック+サバイバル+謎解き映画。オチはお約束。

「メイズ・ランナー」
頭空っぽにして楽しむ系の映画です。細かいツッコミはなしで若い俳優陣の躍動感を楽しむべし。次回作が10月公開が決まったようなので気になる続きはまた。連作の常で右肩下がりにならないのを祈るばかりです。

6月5日
「マニアック」(1980年)
ジョー・スピネルのキモさもさることながら、下品で即物的で作り物感丸分かりなんだけど今観ても遜色無いグロさ。ホラーバブルの頃の作品はみなエネルギッシュ。自分の頭を吹っ飛ばす特殊メイクのトム・サヴィーニはやっぱり凄いです。

「FLU 運命の36時間 」2013年・韓国
(この映画はフィクションです)のお約束のテロップが入るが今観るとなんとももやもやするのは仕方あるまい。今騒がれてる「MERS」とは発生源も状況も全然違うがリアル世界で現在進行形のパンデミックが起こりつつあるようでちと恐い。
主人公補正があるとわかっていてもチートすぎる。何故にチミは感染しないのだ。

6月14日
「サイボーグ・ソルジャーズ」
開始5分で離脱した…。
が、気を取り直して頑張ってみた。パッとしない登場人物・棒な演技・2007年作とは思えないチープなCG、を無駄なバストアップで説明的セリフとともに延々と観せられるという苦行。「死霊の盆踊り」を完走した私だがこれはムリ。

「DEADLAND」
ソンビじゃないほう。第三次世界大戦、更にP19というウィルスの蔓延で荒廃したアメリカ。混乱の中生き別れになった妻を探す男のロードムービ…じゃない。舞台はほぼ森ン中。州兵ヒャッハー地下組織は空気。無駄に冗長だけどエンドロールのオチ?もしっかり観てね。

シッチェス万歳!!WOWOWさんありがとう!
6月17日
「キョンシー」
一世を風靡したアレとは対極にあるどシリアスなホラー。後ろから急に驚かすような怖さは無いけどじわじわ侵食されていくような気味の悪さはあり。淡々とグロいし。双子の悪霊が怖いのは当然として生きてる人間の壊れる様のほうがクるわ。ばぁさんソリャないぜ。

「ラバー」
おフランス産ホラーコメディ。古タイヤが念力(!)で片っ端から人間の頭を吹っ飛ばしていく。何か高尚な暗喩が含まれているのか、いんや多分「理由はない」。考えることを放棄して不条理な世界を堪能。豪快に頭が爆裂するけど何故か眠気を誘う映画です(私だけか)

「ゾンビ・リミット」毎日ワクチンを打てばゾンビにならない生ける屍・リターンドたちは生者同様に日常生活を送っていたがワクチンが枯渇していって…。設定は面白いけれど全体的にゾンビ成分は薄めです。情報収集ダイジ。ラストは逆怨みっぼいけどヤっちまえ許す。

「モーガン・ブラザーズ」
有機肥料会社を経営する兄弟の人気の肥料の材料は動物や人間の屍体。
おおぅ(ドキドキ)。がしかし登場人物ほとんどがおバカなホラーコメディ。コメディというにはあまりにもグロいんだけどね。

「パトリック 戦慄病棟」
1978年作をリメイク。それを意識してか音楽もどこか古めかしい。
厨二全開の残念なイケメンの超常ストーキング。みんなどこかコワレてる。ホラーには最適の場所な精神病院だけども、こういう映画が不必要な偏見を与えてしまうのかもとちょっと複雑な気持ち。

「トランストリップ」
海外旅行中の少女が見知らぬ土地で孤独感に苛まれ次第に精神が崩壊していく様子を描くサイコホラー。
かまってちゃんなメンヘラ気味な主人公にイライラ。医者へ連れてけよと思ってたら何故か祈祷師の元へ。そりゃそうなるわな、なラスト。
危ないと思ったら躊躇せず医者に行きましょう。

「ボーグマン」
グランプリ作品。
森の中に潜んでいたボーグマンは武装集団に追われて高級住宅街に逃げ込んで、ある一家の元に住み着くことになる。ボーグマンは徐々に家族を侵食していく。
不条理で視聴後とても不快感の残る変わった作品。

6月24日
「呪怨ザファイナル」
内容はともあれエンドロール後を見逃すな、っと。目が点になりました。ある意味本編より衝撃的。

6月25日
「マッドマックス怒りのデスロード」
全編アクション世紀末ヒャッハーでリアル北斗の拳。マックスが霞むほどのシャーリーズ・セロンのカッコいいこと!ハシゴした甲斐がありました♡今回2Dでしたが3Dでも観てみたい。

7月19日
「ブレーキ」
疾走する車のトランクの中で特殊な箱に閉じ込められ、次々と予測不能なトラップに襲われるシチュエーション・スリラー。似たような設定の「リミット」も大概なラストだったがこれも負けず劣らず。ラストで急失速したけどなかなか面白かった。救いはないけどね。

7月24日
「イコライザー」
デンゼル・ワシントン無双のアクション映画。ツッコミどころ満載だけど主人公がやたら強いので安心して観ていられる。がかなりえげつないのでPG12。

7月29日
「ピラニア」2010年アメリカ。
おっぱいがいっぱい。例によって例の如くお祭騒ぎ中のティーンエイジャーたちが被害に会うんだけど人数が半端ない。そんで結構グロい。やや強引な話運びだけどおっぱいとグロ描写を愉しむ(!)ならこれで充分。 #クランクインビデオ

駆け足で漏れもありそうだけど、覚書。時間と集中力が無くなってるので家でお茶を濁すのは大変不本意。

« 「チャッピー」5月視聴映画Twitterまとめ | トップページ

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24911/61991658

この記事へのトラックバック一覧です: 「マッドマックス」&シッチェス祭り 6,7月視聴映画Twitteまとめ(加筆修正):

« 「チャッピー」5月視聴映画Twitterまとめ | トップページ

最近のトラックバック

このサイト内を検索


無料ブログはココログ